ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

転職して初めての夏。

今週のお題「暑すぎる」

f:id:hoso-11-bishamonten:20200822190802j:image

長い梅雨が開けるまでは冷夏でしたが、開けたら豹変しました。

連日の猛暑に、それを上回る酷暑。

暑い!暑すぎる!!

 

 

わたしは社会へ出て何度か転職しましたが、いずれも、工場で働いていました。

しかし糞みたいな上司に日中は監視され、たび重なるパワハラに嫌気がさし、一念発起して異業種へ転職しました。
www.masu-hoi.com

現在は配送ドライバーです。

所が、外回りの仕事は天候の影響をモロに受けます。

 

冬の寒い日は、凍えながら配送をし、風が強く酷い時なんか、開いたはずのパワーゲートが風に吹かれ「バタンッ」と閉じます。

梅雨の時期は雨に打たれながら、配送をします。

酷いときなんか、朝の積み込みで、全身ビチョビチョです。

そして、最もキツイと言われる、「真夏」の時期がやってきました。

わたしにとって配送の仕事で初の「真夏」を迎えました。

 

 

今年は暑すぎ。

工場で働いていた時も、汗をかきすぎてTシャツが塩で白くなりました。 

仕事中も3〜4Lの水分では足りないぐらいでした。

室内特有のサウナみたいな蒸し暑さですね。

さらに、薬品で体中ベタベタ、繊維で体中にブツブツができます。

 

そのため、転職しても夏の暑さはそこまで心配はしていませんでした。

しかし、梅雨明け直後から猛暑が続き、遂に静岡県浜松市は8月17日に国内最高気温タイの41.1℃を記録します。

転職して初めての夏に、国内最高気温の中で配送だったのです。

 

当たり前ですが、気温が40℃越えると、体温より高いです。

呼吸をすると、何だか息苦しいし、肺が熱い。

日向では、シャワー浴びたっけ?と思えるくらいの汗が吹き出てきます。 

立っているだけでもクラクラする中、力仕事です。

マスクはビチョビチョで、顔に張り付き呼吸の妨害をします。

 

外はこんな状況です。

安藤優子氏の対応が話題になっていますが、「マジで現場出てみろ!」と思いました。

news.yahoo.co.jp

 

不思議な事に連日40℃前後の気温を経験していると、30℃が涼しく感じ、クーラーの効いた部屋が寒く感じます。

何はともあれ、熱中症になる事なく、 元気に生きております。

 

 

最後に

暑さのピークは過ぎてきましたかな。

しかしこれから、台風のシーズンです。

こちらも未経験なので少し不安です。

ビチョビチョ+強風は、心が折れそうだ。

 

配送の仕事はクーラーの効いた車内へ逃げれますが、建設建築関係は、ずっと炎天下の外で仕事します。

すごいです、とても真似出来ません。

もはや不死身なのか?

 

配送の仕事はこんな状況ですが、それでも今までより、体は楽です。

仕事中も上司と絡む事はないので、精神的にも楽です。

ただ、現在は稼げる長距離の仕事がないのが不満でしょうかね。

 

以上「暑すぎる」お話でした。