ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

日本と靴

神出鬼没まっさんです。

先日、日本の文化である家紋を調べてみました。

www.masu-hoi.com

海外にも「紋章」はありますが、日本の家紋とは少し意味合いが違います。

家紋は日本独自の文化と言えるでしょう。

 

この他にも日本ならではの文化ってありませんか?

普通に生活していると、気が付かない事が多いです。

 

しかし、皆さん家に帰ったらまず、玄関で何をしますか?

f:id:hoso-11-bishamonten:20210403000401j:plain

当然ながら靴を脱ぎますよね?

日本に住んでいる日本人なら当然の事です。

友人の家へ遊びに行って、土足で上がる人は、怒られます。

学校や会社でも室内は靴を脱いで、スリッパや室内履きに履き替えます。

 

そもそも何故でしょう?

当たり前すぎて考えた事もありませんでした。

日本以外にも靴を脱ぐ習慣はあるのでしょうか?

 

 

日本以外の靴を脱ぐ国

靴を脱ぐ習慣は日本だけなのか?

こちら調べてみると、そんな事はありませんでした。

北欧、北米の寒い国や、アジア全体では、インド、タイ、韓国、台湾、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ラオス、カンボジア、パキスタン、ミャンマー、ブータン、バングラデシュ、カザフスタン、中国など多くの地域で靴を脱ぐ習慣が見られるそうです。

 

どうでしょう?

理由までは調べていませんが、意外と多い印象です。

特にアジアが多いですね。

 

 

 

日本で靴を脱ぐ理由

ここで本題です。

何故日本は室内で靴を脱ぐのか?

調べてみると、いくつかの説がありました。

 

1、汚れる

日本の高温多湿な気候が理由だと言われています。

雨が多く湿度が高い、昔は舗装されている道路も少なく、履物が泥だらけになっている場合に、そのまま上がれば汚れて仕方ありません。 

寒い国は雪でブーツが汚れるため脱ぐと考えられているようです。

 

 

2、蒸れる

気候が高温多湿のため、靴の中が蒸れやすい。

その結果、 臭いがキツくなったり、水虫になったりします。

もしかしたら、同じく高温多湿のアジアも同じ理由なのかもしれません。

 

 

3、家の造り

日本は高温多湿な気候のため、縁の下を作らねば床が湿気てしまうから、必然的に外と家の中には段差ができる。

この段差ゆえに「家に上がる」という表現もされるのだ。この「上がる」こそが、靴を脱ぐ理由の一つと考えられています。

 

 

4、神道

日本神道の神職は「浅沓(あさぐつ)」と呼ばれる履物をはいているが、ご祈祷などで拝殿に上がる際には、前を向いたまま脱ぐのが決まりとなっている。

これは後ろを向いて脱ぐと、本殿にいらっしゃる神様にお尻を向けてしまうし、前を向いて脱ぎ、向きを変えるために履物に触れると、せっかく清めた手が汚れてしまうからだという。

地面に触れないかかとの部分に触れるのも避けるのは、靴は汚れたものだという意識があるからだろう。

汚れているからこそ、結界の外に置いてこなければならない。

一般家庭だと、玄関がその役割です。

土足で入ってもいい「たたき」と、家の中に入る段差部分にあたる「上がり框(かまち)」があります。

この「たたき」が結界の外と言う事ですね。

 

 

最後に

以上が調べた結果です。

やはり、高温多湿の気候が、靴脱ぎ文化と密接な関係でしょうか。

しかし、玄関の仕組みを考えると、日本の神事も関係していそうだ。

つかり結論から言うと、

 

分かりません。

 

確かに日本は靴の中が蒸れます。

私なんて、車の運転も脱ぎたくなります。

一つだけ言えるのは、日本は100年後も靴を脱いでいると、思います。

信じるか信じないかは…

 

アナタ次第!!