ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

子供がインフルエンザに!予防接種では防げなかった

こんにちは

12月も後半と言うのに、比較的暖かい日が続いております

少雪でスキー場も全面オープンはいつになるのか、先が見えません

毎年、雪山へ繰り出す、わたしですが、12月が暖かいと2月も暖かい、逆に1月と3月に寒波が入りやすい気がします

 

そんな暖冬傾向の今冬ですが、アイツはやってきます

 

インフルエンザ

f:id:hoso-11-bishamonten:20191229084105p:plain

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して引き起こされる、肺と気道の急性感染症です

インフルエンザにはA、B、Cの3種類があり、人間はAとBな感染する

インフルエンザにかかると38℃以上の高熱、鼻水、咳、喉の痛み、全身のダルさなど、風邪と症状が似ています

日本では乾燥する、冬に流行りますね

最近では、発症すると、会社や学校へ1週間ほど出勤、登校できません

さらに家族も出勤してはいけない会社もありますね

 

 

予防接種は受けている

ここ数年は毎年インフルエンザの予防接種を受けています

万が一、感染してしまった場合は、自分だけではなく、周りにも迷惑をかけてしまいますからね

もちろん、奥さんと子供(子供は2回)も、予防接種を受けていました

病院によって金額が違い、あまり遅いとワクチンがなくなってしまいます

今回も滑り込みセーフでした

 

そんなある日、子供の体が熱いと感じました

 

 

最初は喘息と思った

体は熱いですが、いつも通り元気で「遊んで!」と言ってくる

旅行の疲れかな?くらいにしか思っていませんでした

その内、咳が出てきました

喘息持ちなので、喘息が出てきたと思い、病院に行く事にしました 

ただ、乾いた咳ではなく、喉に痰が絡んだ様な咳です

 

行きつけの小児科につくと、 駐車場に車が少ない

「空いている!」

そう思いましたが、そんな事はありませんでした

 

診療開始から1時間半で午前の部の受付は終了していました

最近、人数制限で受付を打ち切るようになったのです

 

仕方なく、午後の部の予約をし、一旦 家へ帰ります

 

咳は出ますが、食欲もあり、相変わらず元気です

ご飯を食べた後、「公園行きたい!」とせがむので公園へ行きました

自転車の練習をしたい、との事でしたので運動公園です

しかし、いつもと様子が違い、少し運転するとベンチで休憩してしまいました

 

いつもより「体が熱い」と感じた時点で熱を測るべきでした

 

 

再び病院へ 

夕方、再び病院へ行きます

病院へ着いたら、まずは熱を測りました

体温計を脇に入れるとグングン熱が上がり、38.5℃を超えました

38℃以上の熱があると体が相当ダルいと思います

年とると、37℃でも体が動きません

しかし、ケロっとしてますぞ

子供って凄い、タフすぎる

 

順番がきて、診察してもらう

咳と熱ですぐにこう言われた

「もしかしたら…インフルエンザかもしれませんね」

 

なんと!?

こんなにも元気なのに!?

 

そんなバカな

鼻の粘膜検査をしたら見事にインフルエンザ

ワクチンの接種もしていた為、完全に油断していました

マスクを付けられ、早々に処方箋が出される

 

薬局へ行くと

「お薬はお車までお持ちします」

と、遠回しに「出て行け」と言われてる感じがする

まるで感染者の様な扱いだ

(感染者ですもん)

 

薬剤師さんが車まで持ってきてくれて、注意事項を伝えてきた

「インフルエンザの発熱から2日間は、異常行動に注意してください」

「今回、タミフルのジェネリック、タミビルです」

「薬の使用の有無に関わらず、小さいお子さんは幻覚を見たり、突然ベランダに飛び出すなどの事例が報告されていますので、鍵は必ず掛けてください」

と言われた

 

マジか

 

そう言えば、一昔前にタミフルが問題になってましたな… 

タミフルは関係ないの?

  

年内自宅療養が確定したため、嫁、保育園、に連絡

会社の正月休みまで、まだ1週間ある

嫁と交代で休みつつ、実家にも協力を仰ぎました

 

 

予防接種をしていても感染する

インフルエンザのワクチンを接種しても100%予防できないそうです

50〜60%程度だそうです

ただし、症状が軽く済む事が多いみたいです

実際、わたしも過去にワクチン接種してインフルエンザになった事がありました

しかし、その時は数日間高熱で全く動けませんでした

なのでピョンピョン跳ねている息子がインフルエンザとは思いもよらなかったのです

自転車の練習の時、誰とも遭遇しなかったのが唯一の救いでした

手洗いなどは普段からさせてはいますが、予防接種をした事で、高をくくっていた事はたしかです

 

 

家族も感染しないように注意 

予防接種をしていた子供が感染したので、我々夫婦も感染する可能性が出てきました

よく言われるのがインフルエンザは低温乾燥を好み、高温多湿に弱い

そのため、湿度を50〜60%を保ち、室内温度を20℃以下にならないよう、気をつけます

 

ワクチン効果があったのか、38℃台は2日で収まりました

後半、咳が酷くはなりましたが、特に重症化せず、順調に回復したと思います

今の所は家族にも感染もなく、平穏な日々が戻りつつあります

 

とにかく、インフルエンザの予防接種をしたからと言って油断してはいけません

ただ、異常行動を起こしたり、小児やお年寄りは重症化しやすいと言うので、予防接種はした方が良いと思いました

 

今回、子供がいくら元気だったとはいえ、いつもと違う様子に気が付きながら、すぐに対応しませんでした

相当、体がダルかったと思います

もし予防接種していなかったら重症化していたかもしれない

 

危機感の足りない、こんな父親で申し訳ない、許しておくれ