ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

地名の由来 『沖縄編』

皆様、どうお過ごしですか?

私のGWは5連休でした

連休中に「沖縄編」まで終わらせる予定でしたが、予想を上回る飲酒量で執筆が進まない

ハイボールを水の様に飲み干しております

1日平均、6〜10杯、 4Lで購入しているウイスキーも、わずか1週間で半分以下です

元々、缶で購入していたハイボール、勿体ないのでウイスキーと炭酸水を別々に購入する様になりました

しかし、缶同様にペットボトルのゴミが凄い

ついに炭酸水メーカーを購入しました

さらに転職して、アフターファイブ(死語?)の時間ができました

結果、これがハイボール飲み放題状態となってしまったのです

それでも、仕事まで7時間以上はあけております

アルコールチェックも異常は出ません

 

 

 さて地名の由来の旅もいよいよ最後です

ラストは沖縄県

f:id:hoso-11-bishamonten:20200506203509j:plain

 

沖縄は元々「琉球王国(琉球國)」で、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在した独立国家でした

琉球国が成立する以前から日本、中国、東南アジアなどの中継地点であり、現在の日本国内では最も異文化を感じれる場所と言えるでしょう

(注:筆者は沖縄童貞)

 

前回⇩

 

www.masu-hoi.com

 

 

 

沖縄県

「沖あいの漁場」を意味する「おき(沖)な(魚)は(場)」を由来とする説

(伊波普猷)と、「沖にある場所」「遠い場所」を意味する「おき(沖・遠い)なは(場所)」を由来とする説があるそうです

糸満(いとまん)

昔々、イギリスの船が沖縄の南の海で遭難した

乗組員のうち、8人が海岸に流れ着いた

イギリス人は8人(エイトメン)だったので、それから彼らが住み着いた地区のことを「エイトメン」と呼ぶようになり、それが「エイトマン」→「イトマン」になったそう

 或いは「魚市場」や「魚の捕れる場所」と言う意味と考えられている

国頭(くにがみ)

琉球王国(→琉球)で用いられた行政区画、間切(まぎり)の名に由来する

浦添(うらそえ)

津々浦々を襲う(支配する)」が浦襲【うらおそい】となり、浦添【うらそえ】の語源とされます

那覇(なは)

語源は、漁場を表す「なふぁ」からきている

うるま

うるま」とは、珊瑚(さんご)の島という意味で昔から沖縄を指す美称として使われています

大宜味(おおぎみ)

イギミやウギミと呼ばれ、城真治は『沖縄地名考』で「大宜味は泉の義」だとされる

大宜味字の後方のウタキから流れ出る清冽な川がイギミガー(泉カー)で、そこに由来する

伊良部(いらぶ)

沖縄料理の貴重な食材として古くから珍重されていた「エラブウミヘビ」は「イラブー」と呼ばれる

この「イラブー」が地名の由来だと推測されている

与那国(よなぐに)

「ゆうな」(オオハマボウ)という木に由来する説が有力であるとする

この説によれば、石垣島では与那国のことを「ゆのおん」というが、これは「ゆうなふん」の転訛で、「ゆうな」の「ふん」(群れ)、すなわち、ゆうなの群生を意味するそうです

波照間(はてるま)

「果ての珊瑚(さんご)」から来ています

沖縄では珊瑚のことをうるまと呼ばれ、「果てのうるま」=「はてるま」となり、波照間島と呼ばれるようになったと言われています

 

 

 

最後に

さて、ラストを飾ったのは沖縄県でしたが、いかがでしょう?

たしかに変わった地名が多いです

しかし「京都」や「奈良」に比べるとパンチ力が弱い気がする…

順番を間違えたか!?

今さら、仕方ない

 

ところで生物の中で「名前」をつけるのは人間だけと言われています

では、そもそもなぜ人は「名前」をつけるのか?

人は「名前」をつけないと物事を認識できないようです

しかし、いつ頃から人が「名前」をつけだしたのか、はっきり分かっていないのです

 

そもそも、 「名をつける行為」が謎だらけなので、地名も「いつ誰がつけたのか?」はっきりしないと言う事です

 

最初からお付き合いしてくれた皆さま、ありがとうございました