ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 愛知県 名古屋城

どうも、進撃のまっさんです

愛知県名古屋市をぼっちツアーしています

熱田神宮で参拝したあとは、名古屋城へ向かいます

ぼっちツアーですが、スケジュールはカツカツです

名古屋城は子供の頃、家族で訪れました

早いもので、あれから25年以上経っていました

その中で特に覚えているのは、お堀に鹿がいた事です

鹿との思い出を振り返りながら名古屋城へ向かいました

(特に思い出はありません)

 

 

名城公園 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200209084626j:plain

名城公園は愛知県名古屋市北区名城にある都市公園です

名古屋城もこの公園内にあります

f:id:hoso-11-bishamonten:20200209220638j:plain

北側が公園メイン、南側が城、全て含めて名城公園なので、かなりの規模の公園ですね

愛知学院大学がすぐ側なので、公園には大学生が沢山いました 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200209221111j:plain

大学生に紛れながら本丸を目指します

f:id:hoso-11-bishamonten:20200209221127j:plain

江戸城、大坂城も規模が大きいですが名古屋城も負けていません

石垣に圧倒されながら二の丸へ進む

f:id:hoso-11-bishamonten:20200209221711j:plain

そして、今わたしは愛知学院生になった気分なのです

 

名古屋城

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210202006j:plain

入場料は大人500円

徳川園の共通券は大人640円なので、時間に余裕があればこちらがお得でしょう

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210202406j:plain

どこから敵に見られているか分かりません

慎重に進んでいきます

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210202835j:plain

名古屋城は元々、今川義元の父「今川氏親」が那古野城として築城

その後、信長の父、織田信秀が城を奪い、織田の領土になりました

覇王・織田信長は、ここで産まれたとされています

 

信長の代になり、清須を本拠地としたため、数年後に廃城になったのです

しかし、関ヶ原の戦いの後、家康が大阪の豊臣勢を牽制する為に、清須から城下町ごと名古屋に引っ越して来て整備し直し、現在の名古屋城になりました

f:id:hoso-11-bishamonten:20200209222631j:plain

(現在の天守、小天守、本丸御殿)

実は名古屋は昭和5年にお城で初めて国宝に指定されました

しかし昭和は20年、太平洋戦争の名古屋空襲により本丸(天守、御殿)のほとんどを焼失してしまいました

戦後に天守閣は再建されましたが、鉄筋コンクリートでした

老朽化が進み、耐震性の問題なのが発生して、現在は閉館しています

木造で再建する計画ですが、完成がいつになるのか分かりません

だがそんなもの、お店で例えるならば、看板みたいなものです

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210204903j:plain

さらに金のシャチのイメージも強いです

しかし名古屋城、その他にも見所がたくさんあります

 

 

隅櫓 

江戸時代の名古屋城には櫓が11基存在していた

そのうちの隅櫓3基が現在も残っています

3基とも下手な模擬天守よりも立派な建物です

西南隅櫓 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210205851j:plain

本丸の南東隅にある櫓

屋根は二重、内部は三階

かつて武具が収められていたようです

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210210049j:plain

重要文化財です

西南隅櫓

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210210218j:plain

本丸の西南隅に位置するこの櫓は1612年頃、建てられました

先ほどと同じく屋根が1階にないため、2階建てに見えますが、内部は3階です

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210210418j:plain

今回この櫓が見学できたので、中へ入りました

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210210711j:plain

現在の岐阜城よりも、この櫓のほうが広いかもしれない

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210210750j:plain

2階に行ってみる

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210210938j:plain

2階も、意外と広い

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210211003j:plain

これなら、かけっこができるぞ

3階から天守閣を眺める

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210211120j:plain

鉄筋コンクリートとは言え、天守閣は迫力あります

そして、大阪方面を眺める

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210211211j:plain

西北隅櫓

本丸の西北に位置する櫓

この櫓だけ、屋根三重、内部三重の作りで天守閣っぽい

こちらも時期によっては内部の公開を行っているそうです

今回、画像はなしよ

どちらも共通して言えるのが「石落とし」が備えています

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210211933j:plain

敵が石垣を登ってくる事を想定していたと言う事ですね

実際、石が降ってきたら痛いのは間違いないです

 

湯殿書院・黒木書院

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210212442j:plain

湯殿書院(ゆどのしょいん)は1634年に造られました

それを近年、本丸御殿と共に再建したものです

正解に言うと、本丸御殿の一部ですが、見学するには入り口が別です

さてみなさん、湯殿書院って何だと思いますか?

最初の一文字で、なんとなくイメージできるかもしれません

 

正解はこちら↓

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210220816j:plain

将軍専門のお風呂です

湯殿書院

随分、立派な襖ですね

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210221056j:plain

脱衣場に相当する上がり場、上段之間、一之間、二之間とあります

良ーく見る襖に鍵がついているのがわかります

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210221440j:plain

さらに所々、白い壁がありました

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210221543j:plain

実はまだ未完成で、絵ができるまで7〜8年かかるそうです

 

そしてこれが 湯殿(浴槽)になります

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210221732j:plain

この時代は、お風呂と言っても湯船はありません

今でいうサウナのような形だったそうです

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210221936j:plain

 

中を見てみるとこんな感じでした

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210222046j:plain

 

そのまま廊下を歩いて行くと黒木書院です

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210222312j:plain

湯殿書院、黒木書院はガイドさんが案内してくれます(朱色の服の方)

黒木書院

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210222707j:plain

黒木書院は将軍が休憩する建物

本丸御殿の中でも最も規模の小さい建物です

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210222946j:plain

部屋の部材は松が使われていて、月日が経過すると黒くなるそうです

これが黒木書院と言われる由来らしい

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210223133j:plain

リラックスできる様に、柔らかい障壁画に感じる

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210223201j:plain

まだまだ白い壁が多いです

本来は本丸御殿と行き来出来るのですが、今はできません

 

続く

長くなったので後で一旦終わります

天守閣に入れなくても見どころたくさんありますよね?

櫓は、そこら辺の模擬天守より立派

湯殿書院、黒木書院は3代将軍家光が上洛する際、名古屋に立ち寄るためだけに造られた建物だそうです

太平洋戦争で消失してしまった本丸でしたが、資料が豊富に残っているため、本丸御殿を再建できたのです

同じく天守閣も資料が豊富なため、木造再建が可能なのです

f:id:hoso-11-bishamonten:20200210224736j:plain

(焼失前の本丸写真)

次回は、いよいよ本丸御殿へ潜入します

青空大学生のわたしは、足腰なんか痛くありません