ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

妊活の末…

現在、結婚して8年目、1人目は自然に誕生しました

それから二人目をと思い、妊活をして2年以上経ちましたが、第2子に恵まれず

 

通販のキットで精液を調べたりもしました

www.masu-hoi.com

 

妻も産婦人科から不妊治療専門医へ変更し治療をしています

f:id:hoso-11-bishamonten:20190920094809p:plain

 

その間、私の方も通販のキットではなく、そこの不妊治療の病院で精液検査をしてもらいました 

 

結果は、問題なし

いや、むしろ褒められましたよ

「濃度が普通の人の倍近くアルね!」

通常、数が1億前後の所、まさかの2億OVER!

DNAが優秀ではないので、「質より量」重視なのです

 

 

待望の妊娠

それから間もなく、ついにその時がきたf:id:hoso-11-bishamonten:20190920094744j:plain

待望の妊娠、翌週には心拍も確認できました 

 

不妊治療専門の病院はここで卒業、次回から産婦人科に通う事になりました

ひとつ気になるのは出血があると言う事

しかし、心拍が確認出来た事でひとまず安心したのです

 

次の週に妻は産婦人科へ行きました 

一人目を産んだ病院で、行きなれている場所

そして、初回で先生にこのように宣告されたのです

 

「心拍が弱い」

 

「残念だけど見込みがないよ」

 

こんな事は他人事と思っていました

はっきり言えば「流産」です

念の為、一週間様子を見て、もう一度受診となりました

 

 

天国から地獄へ

一週間後、仕事中に妻からメールが届きました

「来週の火曜日、手術になった」

まだ心のどこかで「生きている」と思っていたのが打ち砕かれました

しかし、精神的にも肉体的にも男より女の方が、はるかに辛い

なんて言ったらいいのか、掛ける言葉が見つかりませんでした

 

妊娠初期の80%が「染色体異常」とされるそうです

 

妻は「産まれる事のできない体、産まれても障害がでる体だから仕方ない」と自分に言い聞かせていました

 

 

 

この世に神様はいるのか?

正直、子供は普通に産まれるものだと思っていました

まさかうちに限って流産するとは考えもしなかったです

 

それにしても40代の不倫カップルにはアッサリ子供が出来たり、虐待する親にアッサリ子供が出来たり、わけがわからない

 

妻は、悪い事は一切せず真面目に生きてきたのですが、両親が鬱病、そして父親が自殺し、残る母親の面倒を見ているのです

20代の前半にこの様な重荷を背負っています

さらにプラス流産となれば「精神的に耐えれるのか」不安なのです

 

もし神様がいて、何かバツを与えるのならば、ちゃらんぽらんに生きてきたこちらへよこせ

真面目に生きてきた人間に矛を向けるなよ

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ