ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

腕に異変が!?

連日降り続く雨、気温も低めで過ごし安いです。

しかし雨も降りすぎると、天災になり、作物も不作となります。

暑い夏も辛いですが、やはり生き物は日光を浴びなければ弱っていく気がします。

 

所で、わたしは普段、仕事で作業中は革手を使っています。

しかし、雨の場合は水分を吸ってしまうのでゴム手袋を付けていました。

それが1〜2日間ならまだしも、1〜2週間も雨が続きました。

その結果、手がかぶれました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20200718090448j:image

これ以来、ゴム手袋を嵌めた瞬間、猛烈な痒みに襲われます。

アレルギーでしょうか?

しかしこの後、異変が起こりました。

 

注意:不快な画像が数枚写ります

 

2日ほどで左腕の所が、こんな風になりました

 

⇩⇩⇩

 


f:id:hoso-11-bishamonten:20200718090502j:image

何か、汁的な物が出続けます。

固まっても、すぐにはぜてしまう。

その繰り返しでした。

これと似たような症状を1ヶ月前に見た覚えがあります。

 

 

トビヒ

実は、1ヶ月前に子供にも似たような症状が出ました。

子供のときは、蚊の様な虫刺されだった物が、数日後に変化しました。

 

その時の画像がこちら

⇩⇩⇩

f:id:hoso-11-bishamonten:20200718090910j:image

小さな虫刺されが、ここまで広がったのです。

 

自力で治る気配はありませんでしたので、皮膚科を受診しました。

診断結果は「トビヒ」です。

 

トビヒはあせも・虫さされをかき壊して傷口から感染するケースが多く、汗をかきやすく、細菌も繁殖しやすい夏に多くみられるそうです。

正式病名を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、特定の細菌による皮膚の感染症のことをいいます。

 

塗り薬を処方してもらい、数日で完治しました。

この時の薬が余っていたので、こちらを塗り、数日間様子をみました。

 

数日後、ジュクジュク感はなくなりましたが、痛痒いです。
f:id:hoso-11-bishamonten:20200718150516j:image

残念ながら、ナメック星人の様な再生能力はありませんでした。

大人しく、皮膚科を受診することにしました。

 

 

診断結果

先生の診察が始まり、最初に言われた言葉が

「なに?ヤケドした??」

私が「カクカクシカジカで…」と説明すると

「ちょっと、処置室で処置するから中待合で待ってて」

と言われました。

 

処置室に入り、ベッドに仰向けになります。

(まさか注射…!?)

心配をよそに処置が始まります。

薬を塗り、特殊なガーゼみたいな物を貼りました。

 

以上です。

f:id:hoso-11-bishamonten:20200718165344j:image

処置室に入る必要はあったのか!?

点数の関係か!?

 

ちなみに診断結果は、

アレルギーの成れの果て

です。

特にトビヒとは言われませんでした。 

良く分からない時は自己判断せず、病院に行きましょう。

これまでも、別のアレルギーが出た事はありましたが、こんな状態になったのは始めてです。

歳のせいでしょうか。

 

皆さんも、コロナだけではなく、お体にお気を付けください。