ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないので、ブログ名は捨てました

舌下免疫療を受けてみる。

コロナに大雨、ますます家に籠もる生活が続きますね。

そのかわり、前よりお金を使わなくなりました。

逆に「今までどんだけ無駄遣いしていたのかっ!」と思います。

 

そして時代だからこそ、自己投資しましょう。

スキルアップをしたり、体や精神を鍛えるなどして、今後の人生のために、自分をより高めておくのです。

 

 

話は変わりますが、わたしは年中、鼻水で苦しめれているため、アレルギー検査を受けてみました。

息子が「犬アレルギー」だったため、もしかして自分もそうなのか?

そう思ったのです。

 

ところが、結果はこちらでした⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210821153935j:plain

スギ・ヒノキ。

典型的な花粉症でした。

しかしなぜ年中、鼻垂れなのだ?

酷い時は、就寝中に鼻水で溺れるぞ。

 

このまま平凡な日々を過ごしていても仕方ありません。

わたしも自己投資する事に決めました。

数ある自己投資の中で、わたしが選んだのが…

「舌下免疫療法」

でした。

 

 

 

 

舌下免疫療法とは?

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎に高い効果が期待できる治療法です。

果たしてこれが自己投資になるかは分かりません。

とにかく、年中辛いのです。

わたしは職業がドライバーなので、「目が開けられない」「クシャミ連発」は事故に繋がります。

 

舌下免疫療と言っても、やる事は簡単。

シダキュアと言うラムネの様な薬を舌の下に1分間入れ、1分後に飲み込むだけです。

ただし、この舌下免疫療法は毎日3年以上続けなければ意味がないそうです。

万が一治療を辞めるときも、医師と相談しなければなりません。

 

現在は2〜3月に1回、アレルギーの薬を貰いに病院へ通っています。 

このまま、死ぬまでアレルギーの薬を飲み続けるか、舌下治療で楽になるか、この2つを天秤にかけたとき、舌下治療の方で花粉症が克服できれば、結果的に舌下治療がリーズナブルだと思いました。

 

 

 

治療初日

今回、治療を受ける病院は開業医です。

アレルギー検査でスギ・ヒノキが陽性のため保険適用になります。

初日は予約が必要でした。

薬によるアナフィラキシーを確認するため、時間に余裕のある日にしてほしいと言われました。

シダキュアと言う薬は分かりやすく言うと、スギ花粉を固めたような物だそうです。

それを口に入れるので、口の中の腫れや口内炎ができやすくなる人もいるようです。

 

初日だけは病院で薬を試します。

30分ほど待機して何も無ければOKです。

この事はコロナウイルスのワクチンと似ていますね。

自分は特に問題ありませんでした。

 

まずは2週間分の薬を処方してもらい、様子を見ます。

特に問題なければ、通院の間隔を長くしていきます。

治療はこれだけです。

 

 

 

 

舌下免疫療法の費用

気になる費用です。保険適用3割負担で、

診察料が600円。

薬が2週間分で1100円。

合わせて1700円でした。

 

これまでアレルギーが酷い時は、飲み薬以外にも目薬や軟膏も処方してもらっています。

その分、薬代が高くなります。

もし、舌下免疫療法がうまくいけば、それもなくなります。

自己投資と言うより、節約か。

 

戸にもかくあれ、来年の春に治療の効果が現れるか楽しみです。