ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

暑い夏に最適なマスクは!?

こんにちは

まっさんです

梅雨に入り、ジメジメムシムシした日が続きます

それに伴い、汗をかくことが多くなりました

梅雨が明ければ灼熱の夏が待っています

 

しかし今年の夏はこれまでとは一味違います

f:id:hoso-11-bishamonten:20200503231721j:plain

 

 

 

マスクが必至


f:id:hoso-11-bishamonten:20200626215052j:image

コロナウイルスによる感染拡大防止のため、暑い中でもマスクを着用しなければなりません

わたしなんて外回りの仕事ですので、暑い暑い

重い物も運ばなければならないので本当に息苦しいです

マスクも汗でビショビショ、熱中症になりそうです

春頃まで、マスクが手に入らない時期が続きましたが、現在は比較的手に入ります

そこで今回、「夏に仕事しやすいマスクはあるのか?」検証してみました

 

 

 

紙のマスク

f:id:hoso-11-bishamonten:20200626222800j:image

使い捨ての紙マスクですが、品薄状態で洗って何度も使いましたよ

紙マスクは軽くて良いです

感染予防度外視で、隙間が適度にあり、呼吸もしやすい

しかし、使い捨ての安価品は耳が痛くなる

汗をかくと、耳の痛さも倍増、耳ちぎれる

これはツライ

 

 

 

ウレタンのマスク

f:id:hoso-11-bishamonten:20200626222805j:plain

こちら、ウレタンマスクは洗えば何度か使えます

ウレタンが裂けてきたら潮時でしょう

ウレタン特有の匂いが気になります

顔にジャストフィットし、耳が痛くなりません

しかし、フィットしすぎて、暑いし、息苦しいです

真夏は酸欠か熱中症で倒れる気がします

汗もかきやすいので夏は不向きでしょう 

 

 

 

手作りのマスク

f:id:hoso-11-bishamonten:20200626222813j:plain

マスクにお金を払い続けるのはバカらしい

そんな思いに答えたのが、手作りマスク

いらなくなった衣類や下着をなどを使い、オシャレを楽しむ事も可能です

 

残念ながら仕事中に、柄付き、色付きのマスクは禁止になったので、使用する事はありませんでした

(画像は子ども用)

 

 

あべのマスク

f:id:hoso-11-bishamonten:20200626222809j:plain

世界でも屈指の都市「東京」

そんな都市が首都の「日本」

GDPは世界で3位?まだまだ経済大国と言えるでしょう

そんな、経済大国「日本」のコロナウイルス対策の1つがこの「あべのマスク」です

 

ガーゼを重ねたシンプルで懐かしい作りで小学生の頃を思い出します

こちらは当たると景品としてサプライズで虫が付いてくるようだ

装着すると重量感があり、顔にフィットしない

 

ところが仕事中、マスクと顔に隙間が多々あり、呼吸が苦しくない

しかも、耳のゴムが頼りないわりに痛くならない

さらにガーゼが汗を吸収する

そして、洗って何度も使える

 

これは凄い!!

 

夏には最適だ!

ここまで計算して配布したのだろうか?

わたしは「安倍晋三」と言う政治家を過小評価しすぎていたのかもしれない…

 

 

結果

今回、検証したのは4種類でしたが、感染リスクを抜きにすると、まさかの「あべのマスク」が1番でした

夏は「あべのマスク」で決まりだね!

しかし、感染を防止するためのマスクのはずが、隙間だらけのマスクを選んでしまった

そもそもなんのためのマスクなのか分からない

 

 

他にもオススメのマスクがあったら教えて頂きたいです