ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

バイクトラブル!ビックスクーターのバルブが切れた!

皆様、ビックスクーターはご存知でしょうか?

基準や定義は解りませんが、125㏄以上のスクーターを「ビックスクーター」と呼びがちです

ビックスクーターは車で例えると「AT車」になります

発進はアクセルをひねるだけで進みます

ブレーキは自転車と同じで、免許証も二輪のAT限定があります


f:id:hoso-11-bishamonten:20200527201420j:image

 

私はCBRのファイアーブレードと言う、スーパースポーツのバイクに乗っていました

前傾姿勢でバリバリスピードが出るタイプです

そこから250ccのビックスクーターに乗り換えました

ビックスクーターの第一印象は

重い、遅い 

当たり前です 

 

しかし、それを越える利便性がスクーターにはありました

 

収納スペースが多い

バイクで1番の悩みは、荷物があまり運べない事です 

所がビックスクーターは、シート下に荷物が入ります

私の乗っているタイプはヘルメット2つ分の収納スペースがあります

傘も入ります

「バイクを運転する楽しさ」を「利便性」が上回ったのです

だったら車にのれば?と思うかもしれません

しかし車は渋滞します

さらに、買い物へ行っても駐車場に困らないです

この様な事から、気が付けば10年ビックスクーターを乗り継いでいます

 

残念な事にいい事ばかりではありません

 

 

メンテナンスがしずらい

ビックスクーターはカウルに包まれています

収納スペースの下にエンジンがあります

何をするにもカウルを外さないといけません

これが誠に面倒臭いのです

その結果、ヘッドライトのバルブが片方切れたまま何年も放置していました

250cc以下は車検がないため、この様な事になりがちです 

あるとき、一念発起し、バルブの交換をする事にしました

 

 

ビックスクーターバルブ交換

さて、ようやく本題に入ります

ビックスクーターは車のフロントガラスにあたる部分にスクリーンが付いています

f:id:hoso-11-bishamonten:20200527214617j:plain

まずはこれを外していきます

こんな感じですね⇩

f:id:hoso-11-bishamonten:20200527203611j:image

このままフロントカウルを外したくなりますが、外れません

まず、サイドカウルを外して、サイドカウルに隠れているフロントカウルのボルトを外します

 

そこでようやく、フロントカウルが外れました
f:id:hoso-11-bishamonten:20200527203642j:image

f:id:hoso-11-bishamonten:20200527203805j:plain

 

バルブのサイズはH4

f:id:hoso-11-bishamonten:20200527203831j:plain

自動車と同じで自動車用が使えます

ただ、バイク用は振動に強いため、自動車より割高となっています

今回、自動車用の格安品を付けました

 

今のところ問題はありませんが、自動車用のバルブを取り付ける場合は自己責任でお願いします

f:id:hoso-11-bishamonten:20200528193522j:plain


 

 

最後に 

ビックスクーターのバルブ交換を初めて挑戦しました

バイクを整備すると、どうしても手が真っ黒になるので画像は少なめです

結論から言うと、面倒臭いです

取り外し、交換して、取り付けまで2時間以上掛かりました

普通のバイクや車の方が交換は遥かに簡単だと思いました

工賃が5千円程度なら、慣れているバイク屋に頼んだ方が良いかもしれません 

 

バイクネタが続きましたが、次回から通常営業に戻ります

(通常ってなんだ??)

 

バッテリー交換も⇩

www.masu-hoi.com