ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

KAWASAKI GPZ1000RX これでもニンジャですよ。

ごきげんよう、まっさんです。

 

先日のバイクのお話で、omhdさんに

愛がないとできませんね。そして愛に応えるHONDA」

と素晴らしい名言を頂戴致しました。

 

日本の主要2輪4大メーカーが、世界の2輪売上の4割を占めるそうです。

その中でも、やはりバイクと言えば「HONDA」が圧倒的な存在です。

 

しかしわたしはHONDAではなく、アッサリと別メーカーのバイクを入手してしまいました。

男のKAWASAKIです。

 

 

Ninja

カワサキのバイクでニンジャをご存知ですか?

現在のニンジャは大排気量から小型まで、カウルを装着しているバイクは「ニンジャ」

もうニンジャが多すぎて訳わかりません。

 

そもそも国内で初めて「Ninja」と名付けられたのは?

その車両がこちら↓ 

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111213859j:image

1984年に発売された「GPZ900R Ninja」です。

そもそも当初は「Ninja」の名前を付ける予定はなく、北米カワサキの提案だった。

忍者のイメージとは程遠いため、カワサキジャパンは猛反対。

しかし、最後まで北米カワサキが折れなかったため、北米仕様のみ「Ninja900」として発売したようです。

結局、これがキッカケで「カワサキ=ニンジャ」が定着していくので、カワサキの判断は正しかったのでしょう。

この2年後の1986年に後継機として登場したのが、「GPZ1000RX」です。
f:id:hoso-11-bishamonten:20201114225918j:image
こちらも北米仕様には「Ninja」のロゴ、「Ninja1000R」で販売されました。

エンジンのベースこそ900Rですが、フルカウルになり見た目が大幅に変わりました。

ところが、この1000RXは大ハズレ。

2年後の1988年に生産終了、短命におわります。

それとは裏腹に初代のGPZ900Rは20年に渡り生産され続けました。

現在も人気で、中古車の相場が上がっています。

 

そんなわたしは今回、大ハズレした不人気車両の方を手に入れました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111211103j:plain

不人気なだけに現在のところ相場も低い。

外見は年式のわりに綺麗です。

ただ、そこら中からオイルが漏れている。

少しずつ現状把握と修理をしていきます。

 

 

オイルクーラーからオイル漏れ

わたしの手元に来た時から、オイルが床に垂れている。

量は多くないですが、漏れている原因を探ります。

 

カウルを外して見ていくとオイルクーラーの辺りが怪しい。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111210836j:plain

さらに目を凝らすと、バンジョーボルトがささっている所に白い糸みたいなのが見えます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111210955j:plain

これは糸ではなく、クラックです。ボルトを強く締めすぎたのか、オイルクーラーがひび割れしたのでしょう。

オイルの通り道なので、ここから漏れていたのです。

中古のオイルクーラーを見つけ、バイク屋さんで交換してもらいました。

 

 

 

クラックレリーズからオイル漏れ

オイルクーラーからの漏れは止まったが、今度は別の漏れが目立ち始めます。

しかも塗装が剥がれてます。

塗装が剥がれると言えば、「ブレーキフルード」

使われているのは油圧ブレーキか油圧クラック、ブレーキは右側、クラックは左側。

漏れているのは左側です。

 

クラックレリーズを触ると案の定、下の方がヌルヌルします。

やはりレリーズからフルードが漏れています。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111211219j:image

CBX750ホライゾンの時は掃除だけで良くなりましたが、こちらはどうでしょうか?

さっそく外して見ます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111211310j:image

ピストンは綺麗ですが、スペーサーが割れています。

おそらく原因はこれでしょう。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111211330j:image

ネットで部品番号調べて問い合わせしたら、令和の現在も部品出ていました。 

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111211437j:image
新品に交換し、ブレーキフルードもついでに交換しました。

最後にエアー抜きして完了です。

漏れも止まりました。

 

 

 

2気筒がお休みする 

オイル漏れの修理も無事が終わり、エンジンを掛けて見るがアイドリングが安定しない。

時には、タコメーターの針が0まで下がり、明らかに2気筒動いていない。

キャブかな?と思い、バイク屋さんに相談しました。

バイク屋さんの方から「ちょっと見てみる」と、言う事で預ける事にしました。

 

診断の結果、「多分イグナイターが壊れてる」でした。

イグナイターは点火装置全般を示す名称で、故障により火が飛んでいなかったのです。

中古品を購入し、交換して貰いました。

これがイグナイター↓

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114070139j:plain

GPZ900Rと同じ物らしいですが、若干設定が違うようです。

取り付け場所が、GPZ900Rはタンク下?に対して、

1000Rは右側のリアカウルを外すとあります。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114070224j:plain

さすが、プロ。

イグナイター交換したら症状が止まりました。

 

 

最後に 

不人気車ですが、発売当時エンジンは最速でした。

排気量1000ccで125馬力あれば充分速いです。

ただし、昭和のバイクは重い。

乾燥重量で250kgです。倒したら起こせるか分かりません。

しかし人気がないため、値段はお手軽。

大型バイクに取り敢えず乗ってみたい方にオススメでしょう。

これまで、何十台とバイクを乗り継いでいますが、カワサキ車を所有するのは初めてです。乗った事はありますけどね。

 

今回もネットの個人売買でしたが、思ったより外見が綺麗でした。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201111210546j:plain

しかし、当然ですが 整備必至。

完璧を求める人はお店で買いましょう。

わたしは暇なのです。

そして、このあともさらに異常が見つかります。

 

続く