ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 愛知県 渥美半島

神出鬼没、まっさんです。

11月某日、ソーシャルディスタンスを保てるバイクツーリングへ行って参りました。
春に予定していたツーリングがコロナウイルスの影響により、伸びに伸び、ようやく実行出来ました。

年齢は30代〜70代、バイクの排気量も125cc〜1000ccとバラバラです。

今回、「複数台で行くの初めて」と言う方もいましたので、片道2〜3時間で行ける渥美半島を横断する事にしました。

 

朝8時に集結。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114220852j:image

道中は何事もなく、割愛します。

無事に渥美半島の先、伊良湖岬へ到着。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114220926j:image

伊良湖岬には太平洋の荒波をうけて湾曲する、白く美しい砂浜が「恋路ヶ浜」があります。

「椰子の実」という島崎藤村の抒情詩の舞台となったことでも有名です。恋人達のプロポーズにふさわしい場所として、伊良湖岬灯台とともに「恋人の聖地」にも認定されています。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221014j:plain

と、書かれていましたが、

わたしが見る限り、プロポーズしているカップルは、いませんでした。

 

恋路が浜の駐車場には、お食事処が数件並んでいます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221004j:image

三河湾、伊勢湾の魚介類が食べられます。

ここを目的にドライブやツーリングで訪れる人も多いです。

今回のツーリングもまさにそうです。

 

 

萬八屋

いくつかあるお店での中で「萬八屋」さんへ伺いました。

頂いたのはこちら、

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114220954j:image

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221032j:plain

焼き大アサリ定食 1400円

 

伊良湖の名産と言えば、「大アサリ」

実は大アサリ、正式名称はウチムラサキと言い、アサリとは別の種類です。

わたしは、このウチムラサキが好きでたまらんのです。

デザートには渥美半島にある田原市の名産「メロン」が付いてきます。

manpachiya.com

そして、食後にお店を出るとき、割り箸に刺したパイナップルをくれます。

おそらくパイナップルのサービスは、恋路が浜駐車場、全店舗共通だと思います。 

 

この他にも、夏は「岩牡蠣」冬は「フグ」 と季節によって食べれる物も変わります。

「タコ」や「タイラギ(貝)」も美味しいですよ。

見かけたら迷わずかぶりつきましょう。

 

 

 

駐車場では、皆 自慢の愛車を見せびらかしている。

特に目立ったのが、側車付きのトライク。

勝手に撮影しちゃいました。

ハーレーやゴールドウイングがベースだと思います。
f:id:hoso-11-bishamonten:20201116213729j:image

後ろから見ると 、もはや自動車です。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221112j:image

 

これはかなりゴージャス 。後ろのロータス軍団が霞んで見えます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221122j:plain

ここまでゴツいとオーナーもゴツいのか?

残念ながらオーナーを見る事なく、帰路に着きました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221130j:image

たぶんですけど、、、ここまでイジると1000万 くらい?

これ雨降ったら、どうすんの?最悪ですよ。メッキは錆びるし、ムートンは水吸うし。と、嫌味妬みを心の中で言ってみる。

このトライク軍団、いずれも岐阜県ナンバーでした。

岐阜県はお金持ちが多いのか!?

とにかく、同じHONDAなのに、わたしがみすぼらしく見えます↓ 

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221137j:plain

これでも半年かけてコツコツと綺麗にしたんですよ!(T_T)

 

特に問題なく無事に帰宅できたので帰りも割愛します。

以上、なぜか椰子の木がチョコチョコ植えてある渥美半島でした。 

f:id:hoso-11-bishamonten:20201114221210j:image

南国の雰囲気を出したいのか?