ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 三重県鳥羽市

2019年に新型コロナウイルスが初めて確認されてから、もう少しで1年が過ぎようとしています。

新しい生活様式も少しずつ浸透してきました。

去年の今頃は、まさかこの先、顔を隠して生活する様になるとは思ってもいませんでした。

皆、下着の様にマスクを付けています。

 

この事から神出鬼没のまっさんも「沈黙」を守り続けていました。

しかし、私はスティーブン・セガールではありません。

沈黙シリーズを続ける必要がありません。

 

新しい観光のあり方を模索しながら、GO TO キャンペーンを利用して旅行へ行く事にしました。

 

 

目的地は三重県鳥羽市

今回の旅は自分よりも奥さんと子供の熱い要望でした。

旅行好きファミリーがまともに1年近く出掛けていなかったのですから、当然と言えば当然ですね。

逆に自分は仕事で県外出る事が多いので、それほど「旅行に行きたい」とは思っていませんでした。

 

奥さんの希望は片道2〜3時間で、最初は「伊豆」が候補に上がっていました。

何故、伊豆なのか?その理由が、

「伊勢海老が食べたい」

普段、高くて食べれない物を、GOTOキャンペーンを使い、食べてしまう魂胆です。

しかし、伊豆も南の方だと三重県へ行っても、移動時間が大して変わらない。

そういう事で、どうせなら伊勢海老の本場、三重県に行く事に決めました。

(千葉県も三重県と並び、伊勢海老の産地だそうです)

日程は、少しでも混雑を避けるため、土日ではなく、日月の一泊二日にしました。

 

静岡県側から鳥羽へ向かう場合、高速で利用する方法と、伊勢湾フェリーを利用すり方法があります。しかしフェリーに車を乗せて、鳥羽へ向かうより、高速道路で向かった方が安いのです。フェリーは車両+人数分の運賃がかかりますからね。

しかし、少しでも交通費を安く済ませたい。

そこで、車は伊良湖港へ置いて、人間だけで鳥羽へ向かう事にしました。 

これだけで交通費が5000円以上安くなります。

ただ、天候が良好なのが大前提で、台風では欠航してしまいます。

 

当日は運良く快晴で、無事に愛知県の渥美半島、伊良湖港へ到着しました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201025232840j:image

ところが、伊良湖港のターミナルがコロナウイルスの影響で封鎖。

中に入ってお土産などを買う事が出来ません。

乗船チケットは外で購入して、出発時間まで車の中で待機します。

船舶も通常より本数を減らして運航中です。 

 

いざ、鳥羽へ!

f:id:hoso-11-bishamonten:20201026082223j:image

 

船内もまだらで埋まっているのは窓側の席だけです。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201025232944j:image

 

55分の船旅でしたが、瞑想していたら、あっと言う間に到着。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201026082208j:image

三重県は日帰り圏内なので、基本的に日帰りで着ます。

宿泊で来るのは久し振りですね。 

 

到着してまず始めに、腹ごしらえです。

徒歩で食事処を探します。

 

 

鳥羽一番街

f:id:hoso-11-bishamonten:20201027223452j:image

鳥羽フェリー乗り場から、歩いて10分ほどで鳥羽駅があります。

比較的、駅前も控え目な鳥羽ですが、唯一のお店がこの「鳥羽一番街」です。

3階建てで、2階の渡り廊下から駅まで直行できます。

店内にはお土産屋や飲食店が並び、10時から食事ができます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201025233026j:image

 日曜の午前中ですが、人がまばらです。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201025233056j:image

 

まばらな中でも賑わっていたのが、こちらの「秀丸」

f:id:hoso-11-bishamonten:20201025233116j:image

お客さんが多い=美味い

ここに決めました。

 

たこ飯定食 1580円

f:id:hoso-11-bishamonten:20201025233239j:image

伊勢湾は意外とたこが美味いのです。

もちろん、このたこ飯も美味しかったです。

この日は、この後、運転する事もないのでハイボール頂きます。

 

定食は1000〜3000円で、当たり前ですが値段が上がるほど豪華です。

食べ終わった頃には、他の店舗も先程より賑わっていました。

少し安心して、観光へ向かいます。