ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

特殊な重機

乗り物大好きまっさんです。

過去記事の更新になります。 

 

普段は工事現場などで働いている重機ですが、中には変わった活躍をしている重機もあります。

しかし普通に生活している限り見る事はありませんので、ご紹介していきましょう。

 

 

 

対人地雷除去機

地雷除去専用の重機で、ベースはブルドーザーやショベルカーです。

いずれも日本メーカーの重機です。

 

コマツ D85MS

f:id:hoso-11-bishamonten:20181117195508p:plain

ブレードーの変わりにローターをつけて回転させ、地雷を爆破させ除去します。

ローターは取り外しできるようで、ブレードをつけてブルドーザーとしても使えるようです。

 

 

日建 BM307-FV30

f:id:hoso-11-bishamonten:20181117195655p:plain

こちらもブルドーザーベースですが、重りのついた鎖を回して爆破させ除去します。

 

 

日建 BM307-V24

f:id:hoso-11-bishamonten:20181117195830p:plain

こちらはショベルカーベースです。

これも重りのついた鎖がついてますね。

 

日本のメーカーの重機が世界の平和のために活躍しているなんてすばらしい。

特に、日建と言う会社は社員数十名の小さいな会社でした。

www.nikkenmfg.com

現在は対人地雷除去機、世界トップだそうです。

 

どの地雷除去機も爆破させて除去するタイプになりますね。

 

 

 

トンネルワークステーション

トンネルワークステーションと聞いて、ピンッとくる方は重機マニアです。

普通は何のことか、サッパリ分かりません。

 

 通称 山王丸

f:id:hoso-11-bishamonten:20181117203219j:plain

トンネルを掘って削った土砂を後方に送るコンベアまでついています。

なんと全長100メートル。

f:id:hoso-11-bishamonten:20181117203447p:plain

 (横から見た図)

 

調べてもイマイチ情報がないですが、日本の会社の重機だと思われます。

この重機があるから、山間部にトンネルを掘り、道路や鉄道を通す事ができるのです。

ありがとう、トンネルワークステーション。

 

古河ロックドリルと言うメーカーから様々なタイプ発売されています。

ご購入の際は、トンネルのサイズにあった重機を選びましょう。

 

【ドリルジャンボシリーズ】


f:id:hoso-11-bishamonten:20201011174326j:image

 

【トンネルワークステーションシリーズ】
f:id:hoso-11-bishamonten:20201011180633j:image

www.furukawarockdrill.co.jp

 

 

バケットホイールエクスカベーター

おそらく世界最大の重機である、バケットホイールエクスカベーター。

掘ると運ぶを同時に行う。

wikipediaによると、露天採掘に用いられる大型建設機械の名称。 長いアーム先端に回転式の巨大なホイールがついており、ホイールの外側に複数の掘削バケットがついている。採掘したい場所にこのホイールを押しあてて回転させ、表土の鉱物を大量に削り取るそうです。

f:id:hoso-11-bishamonten:20181117204532p:plain

 

もはや重機と言うより、要塞ですね。

f:id:hoso-11-bishamonten:20181117204627p:plain

大勢のオペレータで1台を動かしているのでしょうか? 

youtu.be

こんな巨大機械を作ってしまう人間もスゴイですね。

流石にこれは日本製ではなさそうです。

 

 

 

 

最後に 

普段見る事がないため、存在すら知らない重機も多いです

今回は特に、特徴的な重機を集めてみました。

ご存知の重機はありましたかね?

わたしは一つも知りませんでした。

 

ちなみに重機メーカーの世界トップシェアは、アメリカのCaterpillarで、続く第2位が日本のコマツとなっています。

日本の企業ってスゴイですよね。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村