ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

卵の話

こんばんは

 

 

 

 

卵の話…

 

 

 

と言っても卵料理ではなく…

 

 

 

 

生き物が産む卵の量を見ていきます

 

 

今回は水辺の生き物たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホタテガイ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180915235720p:plain

 卵の数 1億〜2億個

 

ほとんどの卵がヒトデとかのエサになってしまう

 

 

ホタテは目も多い

黒っぽいツブツブが目↓

f:id:hoso-11-bishamonten:20180916082404p:plain

60〜120個の目があるらしい 

人間と同じ様な役割をしているかは不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アオウミガメ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180916082741p:plain

卵の数 32〜166個

温度が29℃より低いとオス

高いとメスが産まれるそうです

 

 

名前が似ているアカウミガメいます

アオウミガメとの違いは、色ではなく

背中の甲羅が平らなのがアオウミガメ

ゴツゴツしているのがアカウミガメらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカアシガニ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180916155518p:plain

卵の数 85万〜135万個

 

日本近海の深海にすんでいる

世界最大の節足動物

脚の長さ最大3メートル

 

味も大味と言われていて

あまり美味しくないようです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イリエワニ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180916201559p:plain

卵の数 60〜80個

 

爬虫類では世界最大

 

アフリカのみに生息するナイルワニとは違って

イリエワニは何と、泳いで大陸間を移動するらしい

そのため生息域がインドからオーストラリア

大昔には日本にも漂着した記録があるようだ

 

ワニは爬虫類では珍しく子育てをします

 

そんな環境でも大人になれるのは

一匹程度、ほとんどが食べられてしまいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

マンボウ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180916203011p:plain

1度に産むのは数千万個だが

体の中には2億〜3億の卵がある

 

そのうち生き残るのは数匹だ

と言う事だが、正確な数はわからない

 

やはりほとんどが

他の生物のエサとなるようだ

 

世界で1番卵を産む生物らしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メダカ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180916210312p:plain卵の数 2〜50個

  

昔はどこにでもいたメダカ

現在は絶滅危惧種

 

そのせいなのかメダカの値段が高騰

ひと昔前のレッドビーシュリンプのように

色や模様で値段が跳ね上がります

わたしの知り合いでも副業で

養殖している者が数人います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

卵は種の存続と言うのが

一番の目的なのですが

結果的には様々な生き物の

食料になっている

 

それによって一種が増えすぎず

「バランスが保たれている」

と言う事ではないのでしょうか

 

卵の話なのに卵の説明がなかった

サイズも記載するつもりだったが

0.02ミリなど書いても、サイズ感が

わからないので辞めました

 

 

 

ではまた

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村