ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

招かざる客

先日、寝る前に歯を磨いていたら、鏡越しに何か飛んでいるのが見えました。

ヒラヒラ〜ヒラヒラ〜

黒い物体が飛んでいる。

クロアゲハが迷い込んできた?

歯磨きを終え、先程の生物の正体を突き止めるべく、家の中を探しました。

簡単に見つける事が出来ましたが、これがまた、予想外の生物だったのでした。

 

 

コウモリだった

柱に捕まっている生物を良く見てみると、毛が生えています。

すぐにコウモリだと分かりました。

夜勤をやっていた頃に、外で飛んでいるのは見かけましたが、家に入ってきたのは初めてです。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201003213605j:image

 

虫取り網で簡単に捕まえる事が出来ました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201003213623j:plain

現在大流行しているコロナウイルスも、このコウモリが、原因となる病原体を保有していたとも言われます。

過去に流行した病原菌もコウモリ発祥の物が多いのです。

日本のコウモリは大丈夫と言いますが、

さすがに、直接触るのには抵抗がありました。 

 

 

意外と身近な哺乳類

コウモリは夜行性のため、普段見かける事はありません。

しかし、コウモリについて調べてみると、意外と身近な生き物でした。

 

日本の在来種で哺乳類は100種類程度。

その中でも、コウモリは30種類以上と最も多いのです。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201004140607j:image

(小学館の図鑑NEO)

もはやコウモリ王国。

いや、コウモリジャパンと言っても過言ではありません。

多くの種類がいる中で、イエコウモリなどは建物の僅かな隙間に寝所を作ります。

民家の屋根裏にも入り込み、寝所とするので害獣として駆除されます。

コウモリは血を吸うイメージですが、実は違います。

ほとんどの種が、昆虫、或いは花、果実を食べ、血を吸うコウモリは極僅かなのです。

国内で血を吸うコウモリはいないようです。

 

これまでドラキュラ=コウモリのイメージでしたが、

ドラキュラ=蚊(モスキート)にかえます。

 

 

 

最後に 

さて、今回はコウモリのお話でしたが、いかがでしょう。

ウサギやタヌキより身近な動物なのかもしれません。

コウモリは研究者が少ないらしく、現在もほとんど生態が分かっていないそうです。

これは、皆さん、狙い目ですよ。

 

 

所で、先ほど捕獲したコウモリですが…

 

 

 

スタッフが美味しく頂きました

f:id:hoso-11-bishamonten:20201003213543j:plain


(しっかりニガシマシタ)