ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

ダンプと松本

仕事で毎日、道路を走っていると、思う事があります。

特に自動車の運転が運転手によって癖があり、気になる事が多いです。

ウインカー無点灯で右左折したり、直進でブレーキ踏んだり、一時停止無視で突っこんだり。(危ない)

そんな中で一番気を使うのが「ダンプ」です。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210601212624j:image

 

 

ダンプとすれ違い

ダンプと言っても、サイズが色々ありますが、今回の対象は10tダンプです。

このダンプと遭遇率が高いのが「海」と「河」と「山」になります。

多いときは10台近く連なっています。

津波や洪水対策で、海では防潮堤の整備、河では堤防の整備、山は道の整備や、土砂を海や河に運ぶため、遭遇率が高いのです。

通常、すれ違い困難な道路では「ゆずり合い」が大事です。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210601212634j:image

(イメージ画)

山や海へ抜ける道は、狭い道が多く、トラック同士のすれ違いには、この「ゆずり合い」が必要不可欠です。

しかし、ダンプは違います。

ダンプには、すれ違いなんて関係ないのです。

猪突猛進、止まりません。

1台ならまだしも、数台連なっています。

そんな時は、できるだけ隅に寄って、石のように固まり、ほとぼりが覚めるのを見守るしかありません。

 

 

ダンプと山道

乗用車と違い、トラックは山道が遅いです。

上りは登らない、下りはブレーキが効きづらい(ディーゼルエンジンは補助で排気ブレーキがあります)為です。

このため、煽られる事が多いです。

しかし、あおり運転が違反になり、昔よりかなり減ってきました。

 

ところが、ダンプは関係ありません。

1日、同じ道を何往復もするため、道に慣れるのでしょう。

オラオラで煽ってきます。

そんな時は、できるだけ隅に寄って、石のように固まり、ほとぼりが覚めるのを見守るしかありません。

 

 

ダンプと雨 

雨の日は、ダンプと遭遇率がグッと下がります。

土砂が水を吸ってしまうから?

安心して狭い道も、この日ばかりは怯える事なく通行できます。

 

 

ダンプは必要不可欠

堤防や防潮堤もそうですが、建造物にも、必ず土台が必要です。

この土台となる土砂を運ぶのがダンプのお仕事です。

 

ダンプがいなければ、土地の造成できません。

ダンプがいなければ、道ができません。

ダンプがいなければ、鉄道がひけません。

ダンプ松本は今も現役で頑張っています。

 

住んでいる土地や勤め先で快適に過ごせるのも、全日本女子プロレスの全盛期も、ダンプの活躍があったからこそです。

そんな、「縁の下の力持ち」のダンプですが、恐怖を感じたら、

できるだけ隅に寄って、石のように固まり、ほとぼりが覚めるのを見守るのが良いでしょう。

 

土木建築も女子プロレスも「ダンプ」は、なくてはならない存在と言う話でした。


40歳代ランキング