ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

「ゆるキャン」の聖地でイチゴを狩る。

神出鬼没、まっさんです。

現在、静岡県は「ゆるキャン」の影響で聖地化しており、県を上げてアピールしております。

yurucamp-shizuoka.com

特設サイトまでつくって、便乗しまくりです。

静岡空港からキャンピングカーをレンタルできるプランもあるそうです。

 

そんな静岡県ですが、緑茶、ウナギ、ミカンなどの産地でもあります。

あまり知られていませんが実は、イチゴの産地でもあります。

シーサイドラインの国道150号線を走っていると、清水(現、駿河区)や掛川市で沢山のイチゴのお店が目に入ります。

もちろんイチゴを買う事もできますが、狩りがメインです。

ゆるキャンとは関係ありませんが、2021年のGWは家族で力を合わせ、イチゴを狩る事に決めました。

そして狩場は掛川市にしました。

 

 

 

掛川市

静岡県西部に位置する掛川市はTVで紹介されまくり、全国的にも有名な掛川花鳥園や、漫画「シュート」の原作者、大島司先生の出身地でもあります。

今回訪れたのは、海側で国道150号沿いの「鈴木農園」さんです。

www.15suzuki.com

詳細なマップはこちら⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210502221052j:plain

東京と大阪のちょうど中間くらいですね。

 

お店はこじんまりしています。(失礼)

f:id:hoso-11-bishamonten:20210502221034j:image

イチゴ狩りは、完全予約制でした。 

料金です。 

f:id:hoso-11-bishamonten:20210502221543j:image

イチゴは冬がピークで、そこから値段が少しずつ落ちていきます。

GWはイチゴ狩りの終わり頃になります。

少しお得な、お勧めコースを予約しました。

「11〜12番」と、か細く聞き取りにくい声で言われました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210502221318j:image

どうやら今日は「恋みのり」と言う品種のようです。

ハウスが10棟で区画が40番まであるので結構広いです。

ビニールハウスを進んでいくと11、12番を発見!

f:id:hoso-11-bishamonten:20210502221152j:image

時間無制限食べ放題!

f:id:hoso-11-bishamonten:20210502221200j:plain

できるだけ赤く熟した物を狩り、そのまま喰らいます。

 

受粉係の店員さんもブンブン飛んでいます。 

f:id:hoso-11-bishamonten:20210502221214j:image

ミツバチやクマバチなど、言わいる「ハナバチ」は、よほど刺激しない限り、刺される事はないでしょう。

しかし、結構大きめのサイズのハチがブンブン飛んでくるのでビビります。

「彼らは店員さん」と、割り切ると良いでしょう。

 

むしっては喰らい、むしっては喰らい

黙々と30個程度、頂いたところでイチゴの味に飽きてきました。

しかも、意外とお腹に溜まる。

さらに10個ほど追加したところでギブアップ。

しばらく、イチゴ食べたくないです。ゲップ

時間を確認すると、開始から30分しか経過していませんでした。

 

あっという間に終わったイチゴ狩り。

帰りにゴミ箱を覗いてみると、上半分食べずに捨ててあります。

一昔前に問題になった贅沢食いです。

今も現場では愚行が繰り返されています。

少し複雑な気持ちになりながら、ビニールハウスをあとにしました。

 

 

ところで、「ゆるキャン」に登場した「たかくら」と言うお茶屋さん。

このお店のモデルになった「きみくら」も掛川市です。

2階がお茶屋さんが経営するカフェですが、実は昔からカキ氷が有名でした。

夏はこのカキ氷目当てのお客さんで行列が出来ています。

「きみくら」の詳細なマップがこちら⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503222253j:image

ちょうど東京と大阪の中間辺りです。

kimikura.co.jp

 

 

 

 

磐田市 

イチゴ狩りがあっという間に終わってしまったので、別の場所へ移動します。

せっかくなので、ゆるキャンの聖地巡礼。

磐田市の竜洋海洋公園オートキャンプ場へ向かいます。

磐田市と言えば、ヤマハ発動機の本社があり、ジュビロ磐田が全国的に有名だと思います。

この他にも有名人だと、長澤まさみさんや、EXILEのAKIRAさんの出身地です。

竜洋海洋公園オートキャンプ場の詳細なマップです⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503175500j:image

おおよそ、東京と大阪の中間辺りです。

 

到着です。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503174913j:plain

海洋と言うだけあって、海に面した公園です。

www.ryu-yo.co.jp

正確に言うと、東側がキャンプ場で、西側が公園になります。

今回訪れたのは、公園側です。キャンプ場は予約制なので、その時のノリでは入れません。

 

キャンプ場側。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503174852j:image

 

この奥には「しおさい竜洋」があり、レストランやお土産の売店があります。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503174926j:plain

この中にお風呂もあるので心強い。

 

子供が遊びたがっていたので、公園側へ行きました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503174942j:image

広い割にトイレが少ない。

 

大きめの芝生広場。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503175031j:plain


子供向けの複合遊具。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503175015j:image

蜘蛛の巣の様なネットで子供達が、跳ねる、跳ねる。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503175104j:image

長めのローラー滑り台もあります。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503175042j:image

この山を登ると太平洋を一望できます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503175112j:plain

少し西側を天竜川が流れており、向こう岸は浜松市になります。

 

ここから、滑り台を滑るのですが、大人気でディズニーランド波の行列。

40分待ちました。

コロナ前は、こんなに混雑した公園ではありませんでした。

しかも、挙句の果てにローラーがズボンを巻き込んで全然滑りません。

これがホントの「滑らない話」

 

 

作中でリンがこのキャンプ場を訪れた際、灯台へ行っています。 

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503180016j:plain

それが、この掛塚灯台です。

 

実際に遠目から見るとこんな感じなのです。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210503175528j:image

風力発電デカッ!! 

右側の小さいのが灯台。存在感がない。

静岡県西部って風力発電が多いんですよ。

つまり、それだけ風が強いです。特に冬なんて気温以上に寒く感じます。

原付で山梨県から来るとは、メンタル強すぎ。

 

 

最後に 

ゆるキャンで大注目の掛川市と磐田市でした。

とにかくイチゴの贅沢食いはやめましょう。

我々も巨人などに狩られて、贅沢食いされたらどうですか?

痛いです。

 

 

真冬の浜松周辺は雪こそ降りませんが、東から西へ移動すると向かい風です。

寒いです。

30分程度走ると、鼻水ダラダラになります。

これがホントの「生ダラ」…

 

静岡県編はアニメ版はシーズン2の2話から。

 

〈⬇アマゾンプライムビデオでみる⬇〉

   

 

 

最後に静岡県西部の聖地巡礼。

大雑把なマップを貼らせていただきます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20210505071821j:plain

 


日記・雑談(40歳代)ランキング