ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

大人でもむずかしい「新世紀エヴァンゲリオン」の世界

昭和を代表するロボットアニメは「ガンダムシリーズ」ではないでしょうか。

わたしは「機動戦士ガンダム」や「機動戦士Zガンダム」を大人になってから見直してみました。 

www.masu-hoi.com

想像以上に難解なストーリーでした。

しかし、子供だった当時よりは理解できたかと思います。

 

日本にはガンダムと同じくらい、いや、それ以上かもしれない。

平成を代表するロボットアニメがあります。

それが「新世紀エヴァンゲリオン」です。

 

 

新世紀エヴァンゲリオン

f:id:hoso-11-bishamonten:20210517212148j:image

1995年から1996年にかけてテレビ東京系列で放送された、ガイナックスによるテレビアニメ。

驚いたのが、アニメで放送されたのが1995年10月4日 〜1996年3月27日の僅か半年間で、26話のみ。

それが、20年以上経った令和現在でも、映画版が放映されています。

わたしはリアルタイムこそ見ていませんが、テレビアニメは再放送を見ました。

主題歌の「天使のテーゼ」「魂のルフラン」は今や神曲です。

世界的にも評価の高い作品ですが、皆さんはエヴァンゲリオンのストーリーを理解できてました?

結構むずかしくないですか。

子供目線だと、なおさらむずかしいと思います。

そこで少し「新世紀エヴァンゲリオン」を考察してみます。

 

 

ガンダムとの違い

まず初めにガンダムとの違いです。

「機動戦士ガンダムシリーズ」と「新世紀エヴァンゲリオン」は、どちらも人型の兵器を操縦して戦います。

ただ、ガンダムは「人対人」に対して、エヴァンゲリオンは「人対地球外生命体?」の戦いです。

エヴァンゲリオンは、体型が細見の印象があります。

正直言うと、初見ではあまり強そうに見えませんでした。

 

ガンダムもエヴァンゲリオンも、主人公が完璧超人ではなく、少し不安定な人物です。そしてパイロットは少年少女。

 

ガンダムは地球〜宇宙の広範囲に対して、エヴァンゲリオンは基本的に地上戦です。

そして人類は「使徒」と呼ばれる物と戦っています。

 

 

 

NERVとは?

エヴァンゲリオンと言えば「NERV」

「NERV」とは、何なのか?

 

国連直轄の非公開組織「ゲヒルン」が前身と言われています。

人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を保有しており、使徒の調査・研究・殲滅という目的を持っています。

また使徒の襲来によって「サードインパクト」が発生すると言われているため、NERV/ネルフは日本軍から戦闘に関する全てを委任されています。

主人公の碇シンジや父親の碇ゲンドウもNERVに所属しています。

主にエヴァンゲリオンは「NERV対使徒」の戦いの話です。

 

 

 

使徒

f:id:hoso-11-bishamonten:20210518214942j:image

エヴァンゲリオンと対峙するのが「使徒」と呼ばれています。

そもそも「使徒」とは何なのか?

 

これらの名前を調べると、ユダヤ教、キリスト教伝承の天使の名前です。

作中の使徒は天使には見えませんけどね。

戦闘が始まると、形を変化させながら攻撃してきます。

動きが気持ち悪いです。

「使徒」は「コア」と呼ばれる赤い光球を持ち、それを破壊されることで活動を停止します。

細かい説明は割愛します。

 

 

 

〜インパクト

エヴァンゲリオンでは、いくつか「〜インパクト」と言う言葉が出てきます。

 「インパクト」とは、物理的、あるいは心理的な衝撃の事です。

エヴァンゲリオンの世界では「ファースト・インパクト」が全ての始まりと描かれています。

そして、それは旧約聖書に書かれている人類誕生の起源「アダムとエバ(イブ)」が元だと考えられています。

「ファースト・インパクト」はリリスの卵である「黒き月」の、地球への落下です。

この衝撃により、先に地球の南極に落下していた「白き月」から生まれたアダムの子であり使徒は、眠りについたそうです。

本来、1惑星に1卵のはずが、黒白と2つの卵が誤って地球に落下したため、話がややこしくなったのです。

 

セカンドインパクトが主人公達が産まれる前に起こりました。

南極が消滅した事により、海面が上昇し、異常気象で、地球の環境が一変しています。

その後にサードインパクト、フォースインパクトが作中で起こります。

 

アブラハムの宗教でハルマゲドンと言う言葉があり、世界の終末的な善と悪の戦争や世界の破滅の事をさします。

エヴァの作中での「〜インパクト」も同じ意味なのでしょうか。

 

 

 

何故、エヴァのパイロットは子供なのか?

碇シンジは、NERVに連れて行かれ、早々にエヴァンゲリオンを操縦する様に強いられます。

沢山の大人達がいるのにも関わらず、何故14歳の少年が選ばれたのでしょうか。

 

この事は、かなり理解困難になります。

 

そもそもエヴァンゲリオン初号機は、 第2使徒リリスを人類がコピーした人造人間で、目や口、脊髄や内臓もあります。

戦いで怪我をすると血が出ます。

そして実はエヴァンゲリオンにも「コア」があります。

完全なロボットではなく人造人間と言うのがポイントです。

 

ある事故で、碇シンジの母親、碇ユイは、肉体を消失。

魂だけが初号機のコアに融合されます。

この為、初号機は碇ユイの息子のシンジのみがシンクロできるのです。

これが分かると「魂のルフラン」の歌詞の意味も何となく分かります。

「私に還りなさい 記憶をたどり

優しさと夢の水源(みなもと)へ

もいちど星にひかれ 生まれるために」 

エヴァンゲリオンを操縦する事で、母親の体内に還り、胎児の状態になるのです。

 

ところで「ルフラン」はフランス語で「繰り返す」の意味。

「魂のルフラン」とは「輪廻転生」を意味するのか?

しかし、輪廻転生は仏教の教えでは?

ユダヤ、キリスト、仏教?う~ん、訳分からん。

 

初号機以外は第1使徒アダムのコピーのようです。

いずれも人造人間です。 

しかし、その他のエヴァンゲリオンには、それぞれパイロットの母親が融合している訳ではなさそう。 

 

 

 

まとめ

NERVの上位機関ゼーレは裏死海文書を所有しています。

NERVは裏死海文書に記されている通りにシナリオを進めています。

最大の目的が「人類補完計画」ですが、実態が分かりません。

 

とにかくエヴァンゲリオンは、旧約聖書をベースに考えたストーリーなのは間違いないと思います。 

旧約聖書を読めば、もう少し理解できるのかもしれませんね。

読みませんけど。(書き換えが酷い、新世界訳聖書は読んだ事がある)

 

綾波レイや渚カオル、エヴァンゲリオンの製造方法も謎だらけ。

コピー(クローン)と言う事は、栄養生殖 によって増殖した集団なのか? 

 

テレビアニメ、漫画、新劇場版と、全て登場人物やストーリーが微妙に違い、さらに頭を混乱させる。

 

第2使徒である、リリスは、ユダヤの伝承だと、

アダムの最初の妻とされ、アダムとリリスの交わりから悪霊たちが生まれたと言われる。

そのリリスの子どもたちはヘブライ語でリリンとも呼ばれる。

アダムと別れてからもリリスは無数の悪霊たち(シェディム)を生み出したとされる。

エヴァンゲリオンでは、リリスが使徒以外の、生命、人類生みの親とされます。

旧約聖書では、リリスは「悪霊」を生み出したとされます。

つまり、

「人類=悪霊」なのか?

アダムは悪霊退治のために、使徒を生んだのか?

その使徒を悪霊(人類)は「エヴァ(イブ)」を利用して応戦しているのだろうか。

 

  

残念ながら、私自身の活動限界が来てしまったので、この辺でお開きにさせて頂きます。


40歳代ランキング