ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 愛知県 名古屋港水族館

お出掛け、まっさんです

水族館と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

 

マグロ、エビ、イカ、サーモン、納豆巻、イクラ、ネギトロ…

 

いや、それ、

 

寿司屋でしょ

 

水族館と言えば、イルカなどの海獣も見物の一つではありませんか?

ところで日本にはシャチを飼育している水族館が2箇所しかございません

1つは茨城県千葉県にある鴨川シーワールド

もう1つが愛知県にある名古屋港水族館です

現在はこの2つの施設でしかシャチを見る事ができません

 

そのシャチのいる名古屋港水族館の入場券が手に入ったので行ってきました

 

名古屋港水族館 

f:id:hoso-11-bishamonten:20191204212916j:plain

名古屋港水族館は延床面積が日本で最大級の水族館でもあります

専用の駐車場はないため「ガーデンふ頭駐車場」を利用します

 

水族館の向かい側には南極観測船「ふじ」

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205202651j:plain

こちらも有料で見学できる

 

入館料です

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205200954p:plain

 水族館単体よりも南極観測船など近隣の施設との共通券がお得になっています

 

全体図

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205202951j:plain

北館が海獣メイン

南は魚類やペンギンがメインです

同じく愛知県の蒲郡市にある竹島水族館と比べてしまうと、クジラとスナメリくらいの差があります

 

北館

入館すると、まずは北館でした

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205203425j:plain

 この様に間近でイルカを見学できます

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205203157j:plain

イルカは別の水族館でも見れますが、シャチはみれません

今回はとにかくシャチをみたいのです

f:id:hoso-11-bishamonten:20191206164435j:plain

遠くてわかりにくいですが左奥にいるのがわかりますか? 

近くにきてくれない

 

お目当てのシャチのトレーニングまで30分ほど時間があったので北館3階で時間を潰します

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205212440j:plain

クジラや古代生物の骨標本やクジラの進化の歴史が勉強できました

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205212506j:plain

この3階は生き物の展示はありません

外はショーの行われる、メインプールがある

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205213349j:plain

シャチはショーではなく、公開トレーニングだ

 

トレーニングの時間までワクワクしながら待つ事にした

f:id:hoso-11-bishamonten:20191205213537j:plain

しかし、衝撃の事実を知る事になる

 

「シャチプール近くのスタンドが工場中のため、モニターをご覧ください」 

 

まさかのテレビ映像

これならYou Tubeでも見れますわい

 

ほら、シャチですよ〜

f:id:hoso-11-bishamonten:20191206165123j:plain

 

わぁーおっきーい

f:id:hoso-11-bishamonten:20191206165156j:plain

名古屋港水族館のシャチは全部で3頭

その内の2頭が左奥プールにいます

f:id:hoso-11-bishamonten:20191206165240j:plain

よく見ると飼育員さんと握手してますね

もう1頭がモニターの右奥のプールにいます

 

シャチのジャンプだ!

f:id:hoso-11-bishamonten:20191206165515j:plain

これは見えた!

しかし、遠いなぁ…

最初に見た水槽の下から見れば良かった

 

この他にもイベント盛り沢山

イルカショーはもちろんの事

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208204555j:plain

ペンギンのお散歩などもありました

 

南館

案内通り進むと南館へ進みます

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208204705j:plain

水族館とは思えないカラフル具合

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208205124j:plain

展示生物もカラフル

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208205215j:plain

 ⇩このエビが特に派手

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208205246j:plain

 左側の赤と青がエビです

 

 

こちらはイワシのトルネード

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208205501j:plain

 

「オオシャコガイ」

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208205549j:plain

日本で飼育しているのは名古屋港水族館のみ

 

ウミガメの繁殖にも力を入れているそうです

f:id:hoso-11-bishamonten:20191208205703j:plain

 

 

まとめ

楽しみにしていたシャチでしたが、少し残念な結果となってしまいました

三重県の鳥羽水族館も大きいですが、名古屋港水族館も負けじと広いです

今回はシャチとペンギンのイベントしか見ませんでした

それでも滞在時間は3〜4時間で一通り回った頃には、疲労感がありました

 

最後にあったのがトドメの「ふれあいプール」でした

疲れてグズり気味の子供がここで復活します

「ふれあいプール」から離れようとせず、なかなか帰れません

 

ようやくその場を離れ、最後の難関を突破…

かと思いきや、斜め向かい側にある、お土産屋が子供を誘う

何とか子供をなだめ、無事退館に成功しました

 

迫りくる名古屋港水族館の試練を乗り越えまた一つ強くなった気がする今日この頃 …