ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

日本のUMA ツチノコ

ミステリー好きの皆さん、こんばんは

ご無沙汰しておりました

久しぶりにミスっテみますのお時間です

 

 

皆さん、「ツチノコ」はご存知でしょうか?

ブームにもなったので1970〜80年代を過ごした方ならばご存知のはず

 

 

ツチノコ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190926203844p:plain

ツチノコは日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA)のひとつ。に似た形態の、胴が太いヘビと形容される。北海道南西諸島を除く日本全国で“目撃例”があるとされる

 

 胴が異様に太い生き物で、その正体は小動物を丸飲みしたヘビなどと言われたりもしました

 

こちらが目の前を偶然通りかかったヘビ⇩

f:id:hoso-11-bishamonten:20190926204446j:plain

胴が赤かったのでヤマカガシと思われます

 

もしツチノコがヘビの食事後だったとしても、長さ的に無理があります

ヘビとは別の種と考えるのが妥当でしょう

 

 

ところで台湾旅行へ行った際、台北市立動物園に行きました

www.masu-hoi.com

動物園ながら、爬虫類の種類も豊富で日本の動物園とは桁違いの大きさに驚きました

その爬虫類の中で、特徴的なトカゲが複数展示されていました

 

 

トカゲ 

ハスオビアオジタトカゲ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190926205653j:plain

オーストラリアなどに生息する「アオジタトカゲ」の仲間です

形が似てませんか?

 

オオアオジタトカゲ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190926210336p:plain

こちらはインドネシアなどに生息するアオジタトカゲの仲間

このトカゲこそが「ツチノコの正体では?」と言われている種です 

 

もし、オオアオジタトカゲが草むらにいた場合、どんな風に見えるか?落書きしてみました

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩ 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20190926210729p:plain

 

 

ツチノコだっ!!

 

 

こうなると「ペット用に飼っていたものが逃げ出して野生化した」と考えるのが自然ですかね

 

さらにこんなのもいます⇩

 

マツカサトカゲ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190926211657p:plain

オーストラリアに生息するトカゲ

アオジタトカゲに比べてシッポが太い 

このマツカサトカゲは卵を体内で孵化させて幼体として出産する

そして、産んだ後も子育てをする変わったトカゲなのです

 

 

最後に

日本の動物園などでもアオジタトカゲやマツカサトカゲは見る事ができます

しかし、日本の動物園だと飼育されているのは1〜2匹で印象に残らないのです

台北の動物園は10匹前後と数の多さで脳裏に焼き付きました

わたしもアオジタトカゲを見た瞬間、「これがツチノコの正体だな」と思ってしまいました

それくらい特徴が似ていたのです

 

 

残念ながら今回の調査では確信的な証拠が掴めなかった

我々はこれからも可能な限り調査を続けていく…

 

 

日本を代表するUMA「ツチノコ」

その正体はトカゲなのか、或いは全く別の生き物なのか

皆さんはどう思いましたか?

 

 

www.masu-hoi.com

www.masu-hoi.com

www.masu-hoi.com

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ