ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

今さらながら、「鬼滅の刃」にハマりました

ホラー、バイオレンスと言えば、何が思い浮かびます?

西洋、特にアメリカではゾンビ物が人気だと思います

日本でも人気なウォーキング・デッドや、ゲームオブスローンズもゾンビが出てきます

 

これが日本の物だと、ゾンビではなく鬼が対象になる事が多い

とにかく切られても撃たれても向かってきます

その昔、CAPCOMから発売されたゲームのバイオハザードや鬼武者も大ヒットしました

なんだかんだ言っても、スリルや恐怖を味わいたい人が多いのでしょう

それは漫画も同じでグロ要素の多い、彼岸島、進撃の巨人なども人気があります

 

私も漫画が好きなので、以前、漫画の紹介をしました 

www.masu-hoi.com

www.masu-hoi.com

年齢が上がるに連れて漫画に感情移入ができなくなり、読んでも面白くないと思ってすぐに読むのをやめてしまっていました

そんな、オジサンが久しぶりに面白いと思ったのが「鬼滅の刃」です

 

 

鬼滅の刃 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200202205153j:plain

「鬼滅の刃」は2016年より、週刊少年ジャンプより連載されている日本の漫画

2020年2月現在、単行本は18巻まで発売されています

2019年にはアニメ化、2020年には映画化が決まっています

 

あらすじ

時は大正時代、ある日主人公が家へ帰ると家族が惨殺されていた

それは鬼の仕業だと分かる

「鬼滅の刃」で鬼は人食いなのです

唯一、妹が一人生き残っていたが、鬼となってしまう

そんな妹を人間に戻すために旅に出るのです

 

 

家族を殺されて復讐するような話はありがちです

旅を続け、強敵と戦い、主人公はドンドン強くなっていく

最終的には天下一武道会的な大会に出場するのが最近の漫画の良くあるパターン

「鬼滅の刃」も典型的なチャンバラストーリーだとは思います

そのため2019年、話題になったときも見向きもしませんでした

しかし、たまたま1話見たら、続きが気になってたまらなくなりました

簡単に登場人物紹介していきます

 

 

竈門 炭治郎

f:id:hoso-11-bishamonten:20200202214140j:plain

かまど たんじろう

作品の主人公で、13歳の時に母親と弟3人、妹1人を鬼に殺されてしまう

花札風のピアスをしている

人並外れた石頭で人並外れた嗅覚を持っていて相手の感情すら嗅ぎ取ってしまう

唯一生き残った妹を鬼から人間に戻すために鬼を追う事にする

そのため、剣術の修行に励み、「鬼殺隊」と言う鬼退治部隊の入隊を決める

性格は家族思いで普通に優しくてイケメン

強敵にも何故か勝っていきます

顔も良くて強い、何も面白味がない主人公です

令和の時代なら中学3年生

 

竈門 禰豆子

f:id:hoso-11-bishamonten:20200202220757j:plain

かまど ねずこ

炭治郎の妹で、鬼の血が傷口から入り鬼化してしまう

本来、鬼は人を食わないと生きていけない

なぜか禰豆子はカニバリズムを睡眠で代替しているらしい

そのため数カ月、寝続ける事もある

人を襲わないようにするためか、竹を咥えている

太陽の光に弱いため背負い箱に入って兄に背負われ運ばれている

人を食べないのに何故か強くなっていく

令和ならば中学2年生

 

吾妻 善逸

f:id:hoso-11-bishamonten:20200202222748j:plain

あがつま ぜんいつ

炭治郎の同期の鬼殺隊員

幼い頃に親から捨てられ孤児として育っている

炭治郎とは違い、聴覚に優れている

めちゃくちゃ臆病で逃げ回っている為、何故鬼殺隊に入ったのか分からない

しかし、実際は眠りの善逸で、寝ると人格が変わる

名探偵コナンで例えると「眠りの小五郎」

毛利小五郎はコナンに眠らされているだけだが、吾妻善逸はめっちゃ強い

令和ならば高校1年生

 

 

嘴平 伊之助

f:id:hoso-11-bishamonten:20200202224118j:plain

はしびら いのすけ

炭治郎の同期の鬼殺隊員

イノシシに育てられた野生児のため、猪の面を被っている 

二刀流で運動神経も抜群に良い

アニメ版の声は、とても男らしい声をしてます

しかし、実は素顔が可愛くて女の子みたいな顔をしている

令和ならば、中学3年生

 

 

鬼舞辻 無惨 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200203123153j:plain

きぶつじ むざん

1000年以上前に生まれた最初の鬼

自分の血を人間に与えると鬼に変えられる唯一の存在

炭治郎の家族を殺した張本人

この鬼舞辻を追うために炭治郎は鬼殺隊へ入隊した

驚くべき事は、人間の生活に溶け込み、人間の家族がいる

すべての鬼達の頂点で、恐れられている

デーモン閣下よりは年下だと思われる 

 

 

何が面白いのか? 

ありがちなストーリーなのになぜハマったのでしょう

1番はホラーバイオレンスでありながらコメディ要素が強い事

40%くらいはコメディでしょう

特に吾妻善逸が笑わしてくれます

残りの60%が人間ドラマとシリアスな戦闘シーンでしょうか

刀技が鮮やかで、「水」「火」など、それぞれ得意な属性(呼吸)を持っています

「鬼殺隊」も主要人物達以外は雑魚すぎてビックリします

新人の炭治郎達の方が強いくらいです

逆にめっちゃ強いキャラも出てきます

「あんたらだけで鬼退治できるでしょ?」と言いたくなります

ヤラれる鬼達も人間ドラマがあり、ただ単にヤラれるわけではありません

思春期の男女には過酷すぎる人生

画風も今どきで、キャラクター全員、お目々パッチリ

わたしの好きな原哲夫先生の劇画タッチな漫画とは正反対

 

暇つぶしに悩んだら、是非「鬼滅の刃」見てください

 

 

AmazonPrime会員なら無料で見れます