ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

製造業と運送業を比べてみます

こんにちは

製造業から運送業へ転職した

見習いポイズンドライバーです

f:id:hoso-11-bishamonten:20191201204121p:plain

異業種へ転職した事により、仕事中の時間の使い方が大幅に変わりました

当たり前ですが全然違います

製造業(現場)や運送業に転職を考えている人は参考にしてみてください

勤務時間は会社によって違いますが、

分かりやすく8:00〜17:00の勤務に統一します

 

製造業の1日

7:30  【出社】設備の電源入れなど、生産準備

8:00  【朝礼】連絡事項、KY(危険予知)、服装チェック、今日も1日ゼロ災でいこう!よし!

8:10  【生産開始】進捗表の記入、1日の生産予定数を記入

9:00  【進捗表チェック】1時間辺りの生産数を記入していく

10:00 【進捗表チェック】10分休憩

11:00 【進捗表チェック】

12:00 【進捗表チェック】昼休憩

14:00 【進捗表チェック】

15:00 【進捗表チェック】10分休憩

16:00 【進捗表チェック】

16:50 【生産終了】予定数より少ない場合は明確な理由を進捗表に書く

17:00 【帰宅】 日報処理して帰宅

 

製造業はみっちり働く

始業前にラジオ体操系をする所が多い

とにかく現場は生産あるのみ

ラインでの生産で、不良、トラブル発生、トイレなどの時は作業者が行灯(アンドン)を鳴らし、班長などの責任者を呼びます

勝手に持ち場を離れてはいけません

トラブルなどがない限り、作業の動きが止まることはないです

人間の個性など必要なし、心を無にして遅れがないように頑張るのみ

品証や総務などの間接部門ならば、もう少し余裕があるでしょう

 

 

 

運送業の1日

7:30  【出社】アルコールチェック、トラック点検、配送先と荷物の確認

8:00  【荷積み】会社によっては朝礼、荷積みは配送先が少ないとすぐに終わり、他のトラックの荷積みの手伝いなどして時間を過ごす

9:30  【配送開始】現在の仕事は開始時間が決まっていない、何となく出社から約90分後に配送開始

12:00 【昼休憩】出先で休憩

16:30 【配送終了】配送先の数によって大幅に前後する、荷下ろし

17:00 【帰宅】日報、他処理して帰宅

 

 

運送業は基本的にマイペース

荷の積み下ろしも自分のペース、配送も自分のペース

積荷が崩れたり、あおったり、事故をしては元も子もないので急いではいけません

早く終わりすぎてしまった場合は掃除や洗車して定刻まで過ごす

 

 

 

製造業のメリットとデメリット

大雑把な長所と短所を上げてみます

会社の規模や役職、部門で変わってきますが、メインは現場の長所、短所です

 

メリット

・夜勤があれば稼げる

・食堂や給食の弁当があり、食事に困らない 

・トイレに困らない

・技術や技能が身に付く

 

 

デメリット

・休憩以外は帽子やヘルメットの着用

・服が汚れる

・臭いが独特

・立ち仕事で足が疲れる

・作業手順があったり、ルールが細かい

・常に上司の目が光っている

・QC活動などの改善活動が多い、リーダーの押し付けあいになりがち

 

 

運送業のメリットとデメリット

こちらも会社の規模で変わってくるとは思います 

会社によっては残業代がつかない所もあるようです

 

メリット

・日中は一人で気が楽 

・普段は帽子やヘルメットは被らなくて良いので頭皮に優しい

・足が臭く、なくなった(今まで尋常でない臭いだった)

・運転が上手くなる

・道に詳しくなる

・力は使うが体力は使わない

 

 

デメリット

・何よりも免許が大事、仕事中以外も安全運転に気を付ける

・トラックの停めれる休憩スポットが少ない

・トイレにすぐに行けない

・リフトが使えない積荷は手で積みで、大変だ

・悪天候だと積み下ろしがツライ

・配送先は全てお客様、腰が低くないと努まらない

・お話好きの人は寂しい

・運送業の基本給は低い

 

 

最後に

簡単に比べてみましたがどうでしょうか

製造業のときは毎朝、起きると体が鉛の様に重かったですが、今はそれがなくなりました

さらに1日仕事が終わると、万歩計の数値が3万歩前後でしたが現在は1万前後と大幅に減りました 

足軽から侍大将になった気分です

  

2020年から「同一労働同一賃金」という賃金政策が施行されます

これは果たして、労働者にプラスになるのだろうか

給料が契約社員や派遣社員と同じならば誰も正社員で働きたいと思わない

「正社員の給料ベースを下げる」なんて企業を現れるかもしれない

 

逆に今まで派遣や契約社員だった人の中には責任を持ちたくないから正社員にならなかった人もいる

この様な人達が正社員にされてしまう可能性もある

 

このまま正社員のメリットが無くなれば近い将来、労働者が全てフリーランスになり、

「わたし、就職しないので。」 

と言う『ウォーカーX』時代が来るのかもしれません