ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 兵庫県 

神出鬼没、まっさんです

日本のお城100巡りを目指しております

しかし、現在訪れたのは30城程度

 

www.masu-hoi.com

まだまだ先は長い

 

日本のお城には国宝に指定されている天守が5つあります

まずはその5つを攻める事にしました

そして現在は4つ攻城しております

 

長野県松本市にある松本城
f:id:hoso-11-bishamonten:20190419102129j:plain

 

滋賀県彦根市にある彦根城

f:id:hoso-11-bishamonten:20190419101026p:plain

 

愛知県犬山市にある犬山城

f:id:hoso-11-bishamonten:20190418052810p:plain

 

そして島根県松江市の松江城

f:id:hoso-11-bishamonten:20191113232224j:plain


国宝の天守、残す一つが…

 

姫路城

 

これまで大阪や京都に遊びに行く事はありましたが、兵庫県まで行く機会はありませんでした

姫路城は日本のお城ランキングでも1位です

国宝5城のラストを飾るのは姫路城しかない

わたしは密かに姫路へ行く計画をたてたのです

「旅は道連れ」と言います

しかし家族で行っても、嫁子供は興味がないのでゆっくり見る事ができない

友人と言っても興味がないのでゆっくり見る事ができない

さらに事前の調査だと、天守の見学は1時間以上待つのは当たり前

混雑の予想される土日祝にはとても行けない

 

行くならば平日だ

 

現在、退職間近で有給が使えきれないほどある

嫁に相談した所、すんなり許可もおりた

この有給を利用して行く事にした

 

交通手段を考える

静岡県浜松市発で姫路市まで行く場合、交通手段はいくつもあります

しかし、出来るだけ安くいきたい

そこで色々調べてみました

 

まずは徒歩

浜松駅から姫路駅まで歩き続けて3日かかる

そんな暇も体力もない…

却下

 

次に調べたのが夜間高速バスだった

4000〜5000円程度

しかし、本数が限定されていて10時間以上かかる

却下

 

次に考えたのがバイクだった

バイクなら軽自動車扱いになり高速料金が少し安い

浜松〜姫路まで6000円弱だった

しかし、燃費のよいビッグスクーターで行ったとしても片道だけでガソリンを2〜3回、給油する事になる

交通費だけで9000円以上は行くだろう

それに、バイクの運転は疲れる

4時間以上運転して観光する自信はない

却下

 

そして最後に鉄道

普通列車を乗り継いで浜松〜姫路まで6000円弱

所要時間が6時間以上だった

鈍行で6時間だったらバイク運転していた方が良いかもしれない…

そのまま新幹線を調べてみた

新幹線ならば片道11000円だった

「ひかり」に乗れば、何と2時間で行ける

これならば日帰りで充分帰ってこれるぞ

新幹線に決めた 

結局、安くない

一人で移動ならば良いでしょ 

 

新幹線 

f:id:hoso-11-bishamonten:20191114163349j:plain

新幹線とは主な区間を時速200km/hで高速で走行できる幹線鉄道

今は時速300km/hを越える物もあります

 

現在、東海道新幹線はN700系が主流です

そして車両には「こだま」「ひかり」「のぞみ」の3種類があります

お恥ずかしい事に、普段は新幹線を使わないので3種類の違いを知りませんでした

今回、新幹線を利用するにあたって知っておく必要があったので調べました

 

こだま 

「こだま」は各駅停車する新幹線

通過する新幹線の駅は全て停まります

そのため、3つの中で所要時間が長いです 

本数も1時間に5〜6本と最も多い

 

ひかり 

「ひかり」は主要都市のみ停車する新幹線です

そのため、「こだま」より所要時間が短くなります

浜松〜名古屋〜京都〜新大阪と言った感じです

本数は1時間に1〜2本

 

 

のぞみ 

「のぞみ」は「ひかり」よりさらに停車駅が少ない

新横浜〜名古屋までノンストップなため、静岡県はスルー

「のぞみ(JR東海)」にとって静岡はその程度だったのです 

静岡県民は「のぞみ」を鼻を垂らしながら見つめる存在でしかありません

もはや本数を調べる必要はありません

つまり停車駅が少なく東京〜博多まで最も早く行けるのが「のぞみ」です

 

 

 

この事から、田舎者は「こだま」で目的地まで移動する

もしくは、「こだま」で主要都市まで行って「ひかり」や「のぞみ」に乗り換えるのが東海道新幹線の利用法でした

指定席にしない限り、「のぞみ」でも「こだま」でも金額は変わりませんでした

 

 

いざ、兵庫県へ

前置きが長すぎです

とりあえず

「時は来た!」

5時過ぎに起床し、6時すぎには浜松駅に到着 

普段、仕事で3時過ぎに起床しているわたしには5時なんてお昼です

(それは言い過ぎ)

事前に駅員さんに聞いたところ、早朝6時は「ひかり」ではなく、田舎の代名詞「こだま」に乗って名古屋で「ひかり」に乗り換えれば最短で姫路に着くと言われた

それでも行きは3時間かかった 

到着時刻がもう少しあとなら、乗り換えなしの「ひかり」で2時間で行く事ができた

しかし、姫路城の混雑を考えるとどうしても、早く到着したかった

 

そしてついに到着

f:id:hoso-11-bishamonten:20191114191054j:plain

新幹線は楽だ〜

あのスピードでも揺れが少ない

 

駅を出ると目の前には姫路城!

f:id:hoso-11-bishamonten:20191114192024j:plain

興奮してきた 

 

が、

 

思ったよりも寒い

 

 

長くなりますので次回へ続きます

 

にほんブログ村 旅行ブログへ