ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 静岡県 浜松 楽器博物館

観光好き、まっさんです

  が、

最近は、近隣の観光スポット巡りをしていて今回も浜松市です 

ところで浜松は昔から「音楽の町」と言っております

しかし、有名なミュージシャンを数多く輩出しているわけではありません 

浜松には世界的楽器メーカー「YAMAHA」があるのです

さらに、世界のピアノ販売数第2位の「カワイ楽器」も浜松のメーカー

電子楽器の「ローランド」も浜松のメーカー、ギターのエフェクターなどで有名な「BOSS(現在は親会社のローランドと合併)」までも浜松のメーカーなのです

 

これだけ楽器メーカーに囲まれていると静岡県民は、楽器が得意なのではないか?

いや、私の別名、ミュージックはもっぱら聴く側「ミユジツク菊川」

残念ながら例外な人間もいるのです

 

浜松は「音楽の町」と言うより「楽器の町」が正しいですかね

この浜松市に日本では珍しい「楽器博物館」があるのです

「楽器博物館」は浜松の楽器メーカーだけではなく世界中から集められた楽器が展示してあります

 

 

 

浜松市楽器博物館

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804195937j:plain

 静岡県浜松市中区中央3-9-1

 

場所はJR浜松駅より徒歩10分

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804200114j:plain

専用の駐車場はありません

研修交流センターと同じ建物にあります

 

入口を入ると楽器博物館の入口とチケット売り場が見えてきます

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804200444j:plain

 

料金

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804200648j:plain

大きめのリュックなどは持ち込み禁止なので、チケット売り場で預けます

 

館内は1階とB1階だけで、広くはありません

 

1階

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804201106j:plain

1階はアジアの楽器がメインです

 

最初に目に入るのが船の様な形の楽器

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804201427j:plain

ミャンマーの伝統楽器

 

見渡すとズラリと並ぶアジアの楽器

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804201922j:plain


説明を読んでいないが、この楽器は最近話題のグループB(旧非ホワイト国)に降格した国の物だろうか

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804202028j:plain

見ているだけで賠償金を請求されそうだ

 

インドネシアの楽器

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804202515j:plain

楽器には見えないが大人数で演奏するみたいだ

youtu.be

 

もちろん、日本の伝統楽器も展示してある

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804203323j:plain

日本の楽器だけでも展示数は200点

さらに一部はヘッドホンで音色を聴く事ができる

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804203507j:plain

 

奥には電子楽器や国産の洋楽器がある

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804203117j:plain

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804203243j:plain

 

体験ルーム 

1階の一番奥に楽器の体験ルームがある

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804203902j:plain

見た事がない楽器もあり面白い

 

バイキング西村がキャンプで叩いているジャンベも叩けます

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804203958j:plain

 

モンゴルの馬頭琴

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804204344j:plain

こちらは民族衣装も用意されていて服を着て記念撮影できます

わたしも弾いてみましたが…音が出ない

 

塩ビのパイプで造ってある楽器

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804204533j:plain

 

これは「大砲」

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804204632j:plain

ではなく、タイの太鼓だそうです

叩き方が下手なのか、ガタイのわりに音が小さい

 

小まっさんも電子ドラムにチャレンジ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804205322j:plain

小さい子が楽しめたのは、この空間だけでした 

 

 

B1階

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804205558j:plain

地下に行くとその他の国の楽器展示

 

1つずつ見ていくには根気がいりますね

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804205744j:plain

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804205905j:plain

 

これは船では?

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804205808j:plain

 

管楽器などの音色を聴く事ができます 

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804210132j:plain

 

しかし、よくここまで集められたなと思います

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804210229j:plain


沖縄の三線(さんしん)も色々な型があるそうだ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804210332j:plain

胴にはニシキヘビが使われている

 

B1の奥には鍵盤楽器の展示

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804210826j:plain

歴史的に貴重な楽器もあるので触るのは厳禁です 

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804210802j:plain

 

 

ミュージアムショップ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190804211030j:plain
アンダンテと言うお土産屋さん

楽器博物館の入口横にあります

 

 

最後に

体験コーナー以外の楽器は触ってはいけません

壊しては大変なので充分注意してください

展示数は1300点以上、じっくりみるには一人が良いです

 

話は変わりますが、わたしの父親は定年まで楽器店で働いておりました

つまり遠回しにわたしは楽器で育った様なものなのです

そして幼少期から家には様々な楽器がありました

楽器に囲まれていたのです(自分も含め家族は誰も弾けない) 

ある意味、勿体無い家族でした

 

浜松市は「楽器の町」ですが、自動車産業も盛んです

「SUZUKI」も浜松のメーカー、浜松市の隣、磐田市には「ヤマハ発動機」 

さらに「HONDA」の創業者、本田宗一郎も浜松出身で、「HONDA」も創業当初は浜松でした

 

楽器も自動車も機械、どこか似たところがあるのですかね 

 

 

すぐ近くにリニューアルした浜松科学館

masuhoi.hatenablog.com

 

浜名湖にはメルヘンな町がある 

masuhoi.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ