ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 岐阜県 岐阜

観光大好き、旅するまっさんです

少し、空いた時間ができたのでソロでツーリングでも行こうと思いました

独りぼっちのツーリング、通称「ぼっちツーリング」です

空いている時間は約7時間、片道200キロほどで行き先を考えてました

そんな時、こんな噂を耳にしたのです

「岐阜城天守閣が近々、改修工事を予定している」

1956年に再建された岐阜城の天守閣は耐震不足で大地震が来た場合崩壊の恐れがあるそうです

2022年から改修工事予定で数年あるいは数十年と天守に入れなくなるそうです

信長ゆかりのお城、清州城と安土城はすでに行っている

www.masu-hoi.com

www.masu-hoi.com

 

これはいつ行くんだ!?

 

 

今でしょ!!

 

 

バイクにまたがり、さっそうと岐阜県に向かいました

最近、話題の「あおり運転」男は東名高速道路、新東名高速道路と目撃情報があるので遭遇したら嫌だなと、恐る恐る走ったのです

 

 

各務原市

岐阜県の南に位置する市

名古屋方面から名神高速道路を西へ向かって走っていくと、一宮JCTから東海北陸自動車道方面で北へ向かう事ができます

東海北陸自動車道で岐阜県に入るとまず最初に各務原市がお出迎えです

この各務原市にある川島PAが豪華です

 

河川環境楽園

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819215241j:plain
PAに隣接して「河川環境楽園」と言うなの公園があります

観覧車は勿論、遊具もあり夏には水遊びできるのです

さらには世界最大級の淡水魚水族館「アクア・トトぎふ」もあります

aquatotto.com 

実は全国ではあまり知られていない水族館で、お客さんの8割が東海地方らしいです

水族館なのにカワウソやカピバラがいて、大きな水族館なのです

1年ほど前に来たばかりなので素通りしました

それに水族館はオッサン一人では絵にならない

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819210623j:plain

 

金華山、岐阜城 

岐阜城へは東海北陸自動車道、「岐阜各務原インターチェンジ」を降ります

しかし、ここで痛恨のミス、高速道路を降りたあと反対へ向かってしまったのです

途中で気付き方向を変えますが、別の道で戻ってしまい、さらにバイクですぐに地図を見れなかった為、方角がわからなくなりました

1度迷うと方角も訳が分からなくなります

わたしは過去に「人間ナビ」と言われたほど道に強い

岐阜城は金華山山頂にある、とにかく山を見る事にしました

いくつか山頂を見ると天守閣が小さく見えてきました

天守のある山を目指しましたが中々辿り着かない

 

「人間ナビ」のプライドにかけてアッサリとgoogleMAPに頼るのです 

何とか国道に出る事が出来ました

 

国道156or248を北上しているとこんな看板を目にします

「⇧金華山ドライブウェイ」

(きっと、この道から岐阜城行ける!)

 

そう思いました…

 

 

行けませんでした

 

金華山ドライブウェイは岐阜城へ行けません

 

ドライブウェイを抜けて市街地に出ても中々、岐阜城の看板が見当たりませんでした

ようやく金華山の案内を見つけ、看板通り進みましたがトンネルを抜け長良川を越えてしまい引き返します

通常、「岐阜各務原IC」から20分程度で金華山のある岐阜公園に行けるはずですが、迷いすぎてすでに1時間以上が経過していた

迷いに迷ってやっとの事、辿り着いた

岐阜公園

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819214855j:plain

岐阜県岐阜市18
山も含めるため、とても広い公園
 
門と銅像の間にうっすら天守閣

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819215709j:plain

天守があるのは標高329mの山頂 

 

公園内には資料館や休憩スポットがある

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819215554j:plain

 

池もとても雰囲気がありますな

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819220233j:plain

ここでボーッとしていたい

(すでにボーッとしているご老人がいた)


金華山は歩いても登れますが、辿り着くまで1時間以上迷って疲労困憊

無理です

 

ロープウェイを使いましょう

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819220811j:plain

12歳以上は往復1080円、それ以下は540円です

通常は15分感覚で運行しているそうです

 

ロープウェイでは短い時間ながらお姉さんが金華山案内をしてくれます

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819221831j:plain

大正天皇即位の記念事業で大正5年に建設された三重塔

反対側には信長の住居跡もありました

 

 

岐阜城天守閣

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819222612j:plain

ロープウェイを降りてすぐに天守がある訳ではありません

ここからさらに徒歩で200メートルほど登ります

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819222854j:plain


 やっと見えてきた

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819222953j:plain

 

足がガクガクになりながら到着

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819223133j:plain

天守への入館は200円

 

天守内は貴重な絵画

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819223457j:plain

 

教科書で見た事ある像

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819223615j:plain

 

そして最上階から江戸方面を望む

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819223756j:plain

流れている川は長良川

 

京都方面を望む

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819223859j:plain

天気が良ければ伊吹山が見えるらしい


入館料200円は資料館もセットになっている

ついでに行きましょう

 

岐阜城資料館

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819224320j:plain

資料館の場所は天守から少し下った所にある

 

レプリカだと思われる南蛮具足があった

f:id:hoso-11-bishamonten:20190819224525j:plain

 

岐阜公園まとめ

まず、岐阜城を目指してみて思った事は

「案内の看板少なすぎ」

今まで行ったお城で1番迷ったかもしれない

方向音痴なだけ?

 

ロープウェイ山頂駅近くにリスと触れ合える「リス村」がある

子連れなら行ったと思うが独りぼっちなのでやめた

 

天守はかなり遠くからも目視で確認できた

しかし、実際に天守内へ入ってみるとコンパクトだった

清州城よりも小さいかもしれない

 

やはり稲葉山城(岐阜城)と言ったら美濃のマムシ野郎「斎藤道三」だ

道三をもう少し全面に押し出しても良いのではないでしょうか

(岐阜市では毎年4月に道三祭りが行われているそうです)

 

金華山ドライブウェイは金華山を南から西へ抜ける道路で景色や夜景が素晴らしいらしい

たしかに道路を歩きながら散策している人が多かった

 

所で「あおり運転」男は逮捕されましたね

 

改修工事が始まる前にぜひ、岐阜城天守閣へ行ってみてください

遠くて行けない方々は今回の記事で我慢してください

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 旅行ブログへ