ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

みんなで覚えよう、スペイン語! cuatro

こんにちは

このままでは、落ち武者ヘアーになりそうな、まっさんです

アラフォーが少しでもスペイン語を覚えたい

近頃、時間に余裕が出来た為、少しずつ勉強していきます

f:id:hoso-11-bishamonten:20191130233736p:plain

今回は普段の生活でありえそうな言葉を勉強します

  

 

例文

 

マーサ「Hola!」

(オラ!)

 

アリ「Hola!Marth!」

(オラ!マーサ!) 

 

マーサ「Ali、Prestame tu Bano Porfavor!」(アリ、プレスタメ トゥ バニョ ポルファボール!)

 

アリ「Esta bien」

(エスタ ビエン)

 

マーサ「Gracias!Muchas gracias!!」

(グラシアス!ムッチャス グラシアス!!)

 

 

 

 

解釈

今回も翻訳ではなく解釈です

まず、二人は挨拶をしています

その後、マーサは『Por favor』と言う言葉を使っています

これは「〜お願いします」「〜してください」の意味です

しかし、その前を見ると『Prestame』と『Bano』があります

この『Prestame』は「貸して」

『Bano』は「トイレ」

つまり、「トイレ貸してください」と言ってるわけです

 

それに対してアリは『Esta Bien』と答えます

これは「大丈夫」と言う事です

 

マーサは『Gracias!Muchas Gracias!』

「ありがとう、本当にありがとう」と言っているのです

 

 

では今風の日本語解釈です

 マーサ「やっほー」

アリ「オイっす!マーサ!」

 

マーサ「アリ、トイレ貸してくんない??」

アリ「えーよ」

マーサ「サンキュー!マジでありがとう!!」

こんな感じのはずデス

とにかく相手に伝われば良いのです

 

 

最後に

今回の「トイレ貸してください」は使える場面があるかもしれませんね

しかし、トイレをスペイン語で調べてみると「aseo」や「lnodoro」と書いてあります

今回の「Bano」は調べてみると「浴室」や「洗面所」と出てしまいます

もしかしたら同じスペイン語でも国よって言い方が違うのかもしれません

わたしの先生(バルデス)はハッキリ、トイレは「Bano」とおっしゃいましたのです

 

続いて「大丈夫」の「Esta bien」ですが、前回の「Estoy bien」とそっくりですね

「Estoy bien」は「元気です」

今回の「Esta bien」は「大丈夫です」

日本だと人に何か頼むと「良いよ」と返事をしますが、スペイン語圏の人は「良いよ」を表す「Bueno」ではなく、「Esta bien」と返ってきます

この辺りも国によって変わるのかもしれません

 

 

ではまた次回!アディダス!