ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

バイク ネイキッド クラッチワイヤーの交換 

わたしは普段、作業着で仕事をしています

そんなある日、近所の初盆に向かうためにYシャツで出掛けようとしていました

それをみた3歳の息子がこう言いました

「パパしゃちょうなのー!?」

息子にはネクタイしている人全て「社長」なのです

 

 

てなわけで、バイクの部品交換をしました

バイクをカスタムする上でハンドル交換をする事があるかもしれません

ハンドルを長くしたり短くしたりすると、同じようにスロットル(アクセル)ワイヤー、ブレーキホース、クラッチワイヤー、スイッチ類のハーネスも必然的に長さの合ったものに交換する必要があります

 

ハンドルを交換しなくてもワイヤーなどは数年経つと伸びてしまったり最悪の場合は切れる事があります

そうなる前にクラッチを握った際、引っ掛かりがあったり(ゴリゴリする)、スロットルの戻りが悪く感じたら交換する事を推奨します

 

過去にも色々なバイクのハンドル交換や、ワイヤーだけの交換をしました

 

今回、車両はRZ250(ネイキッドタイプ)でクラッチワイヤーのみの交換になります

 

ハンドルはそのままなので、STD(スタンダード)を購入

f:id:hoso-11-bishamonten:20190814234442j:plain

昔、間違えて少し長いものを買ってしまったが、動きや戻りが悪くなったので長すぎるのも良くないです

 

 

クラッチレバーのワイヤーを外す

レバーの根本のボルトとワイヤー部のアジャスターボルトを外しておきます

f:id:hoso-11-bishamonten:20190814234903j:plain

 

外して裏側を見てみるとワイヤーの先がタイコになっているのでこれを外す

f:id:hoso-11-bishamonten:20190814235500j:plain
レバー側はこれでおしまい

 

 

タンクを外す

タンクを外す前にガソリンホースを抜きます

ガソリンコックは必ずオフにしてください

このバイクは2気筒でキャブは2つなのでガソリンホースも2本あります

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815082109j:plain

シートを外すとタンクを固定しているボルトがあります

燃料計がついている場合はハーネスも外します

 

なるべくガソリンが少ないときに作業するのが良いと思います

満タンだと重くて大変です 

  

エンジンのカバーを外す

次はエンジンの左カバーを外します

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815084245j:plain
ボルトが7本とシフトロッドを外します

プラスドライバーを使う場合はナメやすいので慎重に

 

ボルトを外したらカバーを裏返します

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815101400j:plain

こちらもワイヤーの先がタイコで引っ掛けてあるだけなので簡単に外れます

 

 

ワイヤーを外す

後はワイヤーを車体から抜いていくだけですが、取り回しを間違えると動きが悪くなるので抜く前に交換する前に写真を撮っておくと良いかもしれません

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815153009j:plain

 

 

新品を取り付ける

抜いたら新品のワイヤーを折らないように通していきます

取り付けるときは外す時と逆でエンジンのカバーから付けていきます

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815172054j:plain

 

続いてクラッチレバーにも繋ぎます

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815172248j:plain 

 

レバーを取り付けている「レバーピボット」

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815172415p:plain

特殊なボルトで、可動部にグリスを塗っておくとレバーの動きがスムーズになります

 

 

先にワイヤーを通したアジャスターボルトを適当に締める

そしてグリスを塗ったレバーピボットを入れる

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815172839j:plain

 

タンクとシートを元に戻す

f:id:hoso-11-bishamonten:20190815173151j:plain

はい、出来上がり

 

 

最後に

ここまで作業時間は30分程度、初めての場合は1〜2時間程度でしょう

締め忘れがないかを確認して一度、1速で発進してみます

発進しにくければアジャスターボルトを半クラッチのちょうど良い位置に調整します

 

交換でクラッチを握った時のゴリゴリ感が無くなりスムーズになりました

 

エンジンのO/Hで出費がかさんだので細かい事は自分でやります

しかし、独学なので違っていたらゴメンナサイ

www.masu-hoi.com

 

www.masu-hoi.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ