ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

大河ドラマ「麒麟がくる」 明智光秀

こんにちは

歴史が好きならば語らずには、いられない

今回は2020年大河ドラマの主役「明智光秀」についてです

日本の歴史史上、最大のクーデターを起こした光秀はいったいどんな人物なのか

 

明智光秀

f:id:hoso-11-bishamonten:20200104223633p:plain

明智光秀は戦国時代から安土桃山時代の武将

信長の重臣として有名ですが、信長よりも歳上だったと言われています

信長に仕官前は斎藤道三や朝倉義景に仕えたとされる

義景に仕官しているときに、使者として将軍の足利義昭と接触する様になった

光秀は土岐氏系の明智氏に生まれたとされるが、それ以前の若い頃の経歴がはっきりと分かっていません

信長に仕官してからは戦で大活躍し頭脳明晰で文武両道の武将でした

信長の右腕として天下布武には欠かせない人物だったと言えるでしょう

秀吉の相談相手が光秀だったり、あの家康とも仲が良かったのです

 

 

何故タイトルが「麒麟」なのか?

f:id:hoso-11-bishamonten:20200104230849p:plain

「なんで大河ドラマに麒麟?」と思われる方もおられると思います

主演がこの二人なの?

そうでは、ないですね

今回はこのお笑い芸人の麒麟の事ではありません

そして首の長い動物、キリンでもありません

 

こちらですね⇩

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200104231527p:plain

麒麟は、中国の伝説上の霊獣です

f:id:hoso-11-bishamonten:20200104232046j:plain

中国へ訪れた時も麒麟像見ました

 

某ビールメーカーの名前にも使われています 

麒麟は顔が龍、牛の尾、馬の蹄、麒角、身体に鱗があります

そして中国では鳳凰、霊亀、応竜、麒麟と「四霊」と称され、幼少から秀でた才能を持った人物を「麒麟児」と称するのです

中国三国志の中で、蜀の軍師「諸葛亮孔明」が見い出し、この孔明亡き後、蜀を支えた人物に「姜維(きょうい)」と言う武将がいます

この姜維が若くして才能を発揮していたため【天水の麒麟児】と称されています

 

明智光秀は裏切り者のイメージが強いため「何故、光秀が麒麟?」と思われると思います

しかし実際の明智光秀は文武両道で才能がってでていたため、タイトルに「麒麟」とかけたのではないでしょうか?

 

追記・このドラマで麒麟は「平和な時代に現れる成獣」で光秀は信長の事を「麒麟の呼べる男」と期待しているようです


本能寺の変

信長に忠実で信頼も厚かった光秀が何故、裏切ったのか?

これまで様々な説が出てきました

 

・信長主催の茶会に失敗した光秀を信長が家臣の前でボコボコにした、その恨みで信長を襲った説

・繋がりのあった将軍、足利義昭を奉じて室町幕府再建するため襲った説

・本能寺の変の後、毛利と交戦中の秀吉がありえない速さで戻ってきたのは秀吉が仕向けたため知っていた(秀吉黒幕説)

・後の天下人、徳川家康と仲が良かったため、信長を見切って家康についた(家康黒幕説)

などがあります

中でも面白いのが1つありました

ハゲていた

秀吉が「さる」や「ハゲねずみ」と呼ばれていた様に、光秀はハゲていた為、「金柑頭」とあだ名がありました

「金柑の様にツルツルな頭」と言う意味だと思われます

このハゲイジリの逆恨みで信長を討ったと言う説です

信長よりも5歳以上も年上なのでハゲでいてもおかしくありません

「禿」の漢字も、「光秀」の字を合体させたと言う話でした

 

しかし「禿」は「かぶろ、かむろ」とも読みます

平安時代はオカッパを指す言葉で、江戸時代は遊郭に住む童女を指す言葉なので信憑性は薄いです

 

 

光秀は生き延びていた!?

本能寺の変の後、すぐに山崎の戦いで敗れ、「三日天下」とも言われる光秀

 

日光東照宮へ行くと入り口にこんな銅像があります

f:id:hoso-11-bishamonten:20180310205034j:plain

「南光坊天海」の銅像です

天台宗の僧で徳川家康の側近として江戸幕府の朝廷、政策、宗教政策に深く関わった人物です

明智光秀同様、天海も家康に仕える前の事がはっきり分かっていません

しかし、この人物こそが、「明智光秀だった」と言う説があるのです

日本史好きならば一度は聞いた事があると思います

ja.m.wikipedia.org

これが事実ならば先程の「家康黒幕説」とも繋がりますね

人生50年だった時代に天海は100歳以上生きたとされています

徳川三代将軍まで仕えたとされていますので、信長より年上だった光秀がそこまで生きたとは考えにくいです

個人的に好きな説ですが、光秀に近い人物だった可能性は高いですね

 

CAPCOMから発売された「鬼武者」と言うアクションゲームがありますが

この、ゲームの主人公が「明智左馬助(秀満)」で光秀の親族の設定です

f:id:hoso-11-bishamonten:20200105085000p:plain

(主人公、左馬助役は金城武)

続編ではこの左馬助が天海として現れます

2001年に発売されたソフトですが、すでにCAPCOMは「明智」が只者ではない事を見抜いていたのです 

 

最後に 

日本史上最大の謎、本能寺の変を起こした明智光秀

今回の大河ドラマではどの様に描かれるのか、注目です

www.masu-hoi.com

城巡りしているくせに、光秀の「坂本城」に行っていない事に気が付く

まだまだ爪が甘い

  

そんな事より、戦国時代最強だったと思われる「今川義元」が、信長にあっさり討たれた事で、ポンコツのイメージしかありません

幼い頃から秀でていた「今川義元」こそ麒麟児だと思いますが、戦国好きの方々はどう思われますか?

 

2022年の大河ドラマは、ぜひ今川義元でお願いします