ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け スペイン3 ミハス セビリア

こんにちは

旅する、まっさんです

 

数年前に行ったスペイン旅行記になります

 

日本から飛行機で14時間、スペイン国内に入ってからはバスで長距離移動

観光している時間より、圧倒的に移動時間が長いのです

 

とは言えバルセロナでガウディ建築に魅せられ

masuhoi.hatenablog.com

 

グラナダでは王族の気分を味わいました

masuhoi.hatenablog.com

 

 

グラナダで一泊した後、早朝から移動

約150km先の白い村「ミハス」へ向かいます

 

ミハス

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319124802j:plain

マラガにある白い村ミハス

ヨーロッパには白い村がいくつかあるそうで、ここミハスもスペイン国内では有数の観光スポットとなっている

主な収入源は観光で、観光客がこなければ経済が成り立たない村である

白い景観を保つため、家の改修の際は国から補助金がでるそうです

 

バルセロナからこのミハスまで約1000km

日本で1000kmのドライブで例えると「青森から日本海側を通って京都まで来る」のと同じくらいだ

グーグルマップで見てみるとわかり易いかもしれない

f:id:hoso-11-bishamonten:20190612023152p:plain

バルセロナからバレンシアを通ってアルハンブラ宮殿があったグラナダ

そこからマラガに入り「白い村ミハス」へやってきた

 

 

 

さっそく第一村人発見!

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180320102642j:plain

いや、第一村ロバだ

ロバがリヤカーを引いている

ミハスではロバがタクシーなのだ

 

到着したのが朝の9時、日本でこの時間は多くの人が活発に行動している

しかし外には人がいない、観光客も我々だけだ  

f:id:hoso-11-bishamonten:20180320125311j:plain

 

 サン・セバスチャン通り

f:id:hoso-11-bishamonten:20180320125406j:plain

ミハスの中で1番美しいとされる通り

しかし、我ながら撮り方が下手

これでは掃除のオジサンがメインだ

 

この通りはもちろんの事、ミハスにはとても多くの雑貨屋さん、お土産屋さんがありました

f:id:hoso-11-bishamonten:20190612031708j:plain

しかし、ほとんどのお店が10時〜11時OPEN

雑貨や小物好きな女子にはたまらない村だと思います

 

闘牛場

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321021553j:plain

お土産の通りを上へ登っていくと小さな闘牛場がありました

スペインと言えば闘牛ですね

ミハスの闘牛場は平日はお休み

 

わずか、1時間ほどの滞在でミハスを後にします 

こうして約200km先のセビリアへ向かいました

 

まず、訪れたのが大きな広場

 

スペイン広場

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321023926j:plain

スペイン広場はイタリアにもあります

スペインにあるスペイン広場よりイタリアにあるスペイン広場の方が知名度が高い

   

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321024038j:plain

イタリアのスペイン広場にも行った事があります

しかし広さは圧倒的にこちらの方が広いと思う

 

動画が残っていましたが画質、画面揺れと酔うかもしれません

何となく全体像は掴むことができます

youtu.be

 

元は1929年の万国博覧会「イベロ・アメリカ博覧会」の会場として造られた

f:id:hoso-11-bishamonten:20190612031930j:plain

現在は公園として市民の憩いの場となっている  

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321024130j:plain

ここでは注意点もある

花売が沢山いて、半ば無理やり売られるそうです

花は絶対に受け取らないように!!

何も言わずに渡されると「くれるのか」と思いますがお金を請求されます

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321024303j:plain

こんな豪華で美しい公園、住んでしまいたいくらいです 

しかし、「平たい顔の民族」なので風景とマッチしないのが悲しい

 

ここスペイン広場からセビリア市内は徒歩での観光

 

 

ピラトスの家

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321030718j:plain

同じくセビリアにある宮殿

15世紀〜16世紀頃に建造された

ムデハル、ゴシック、ルネッサンス様式が混ざっている珍しい建物

正確には「サン・アンドレスの宮殿」と言うらしい

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321030746j:plain

 

 

 

大聖堂 カテドラル

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321031027j:plain

世界で三番目に大きいと言われる大聖堂

元々、イスラム教のモスクがキリスト教会になった

奥に見えるのが「ヒラルダの塔」

この位置が撮影スポットらしく、撮影のみで次の目的地へ向かった

 

 

王宮アルカサル 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321031748j:plain

14世紀頃建てられたスペイン王室の宮殿

アルハンブラ宮殿を意識した造りになっている

アルカサルはまさかの「門から見るだけ」だった

 

 

 バル

スペインの街中を歩いていると、いたる所でバル(Bar)を見かけます

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321032621j:plain

昼間からタパスという小皿料理をつまみにしながら飲んでます

日本の居酒屋の様な感じですが朝食もバルで食べたりするそうです

 

街並みも「ヨーロッパ」って感じがしますね 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321033018j:plain

しかし、我々「平たい顔の民族」は風景にマッチしないのです

 

闘牛場

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321033110j:plain

ここセビリアにも闘牛場がありました

先程のミハスの闘牛場と違ってかなり大きい

今回のツアー、闘牛は含まれていないのでそのまま通過します

 

 

フラメンコ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321033939j:plain

セビリアはフラメンコの本場

この日の夕食はフラメンコショーを見ながらのディナー

f:id:hoso-11-bishamonten:20180321034125j:plain

フラメンコをみると情熱の国と感じます

 

画質、音共に激悪の動画が残っていました

youtu.be

 

 

この日が1番ボリューム満点で頭に入りきりませんでした

このまま、セビリアに泊まり翌日はコルドバを目指します 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村