ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

流産手術…

f:id:hoso-11-bishamonten:20190923220330p:plain

待望の第2子誕生かと思われた矢先、心拍が弱く先生から「見込みが薄い」と言われました

あれから一週間様子を見て再度診察をしてもらい、流産が確定

妊娠12週未満の繋留流産だったため手術となりました 

www.masu-hoi.com

前日の21時から飲食禁止で手術自体は10分程度で終わるそうです

しかし、手術のため約3時間かけて子宮口を開くのです

朝、9時前に病院へ行き、手術はお昼頃、それから全身麻酔がとれるまで約3時間

やれる事も、居場所もないので男は一旦帰ります

 

 

数時間後

午後2時半頃、メールが来た

「麻酔で今は動けないから16時過ぎに迎えにきて」

保育園が終わった息子と一緒に迎えに行きました

 

病院へ到着すると2階へ行くように言われました

そんに大きな病院ではなく、1階が外来、2階がお産で入院する部屋が並びます

出産したばかりのお母さんや新生児だらけの中、奥さんは看護師さんに支えられながらやってきました

 

麻酔が効かず、「いたいっーー!!」と叫び、麻酔を追加されたそうです

 

帰りの車の中で奥さんはこう言いました

「新生児室の前のソファーで1時間待たされ、麻酔で意識が朦朧とする中、1日中赤ちゃんの泣き声が聞こえてたよ」

「周りにいる人達は出産直後で幸せそうな人ばかり」

「まだ、二人目だったから良かったけど、これが初産だったら辛すぎ」 

たしかにこれはキツイと思った

 

 

 男は無力だ

子供を産むのも痛くて辛い、さらに産めなくても痛くて辛い

男は一生経験する事もなく、ただ見守るしかない

生命の誕生に関して男はあまりにも無力だ

 

そして、ふとこう思ったのです

本来は女性の方が主体で権力もあった

しかし、このままでは男性の存在価値がなくなる為、社会の中心を「男性」にした

こうする事で、「男性は働く」「女性は子を産む」という役割をつくった

虫の世界を見てみるとバッタなどメスの方が大きく、アリやハチなどは女王を中心に生活している

男(オス)は生物の中ではオマケなのかもしれない

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ