ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

世界のミステリー 怪奇、超常現象

超常現象とは

現代の科学では解釈が難しい、奇妙な現象のこと

怪奇現象、心霊現象と同じ意味で使用される

内容としては「物が勝手に動く」「ラップ音」「幽霊」など

 

ミステリー好きのみなさん、こんにちは

世の中には嘘か本当かわからないことが溢れています

現代の科学や技術をもっても解明されない

そんな不思議な現象を集めてみました

 

 

 

ミステリーサークル

f:id:hoso-11-bishamonten:20190412221703p:plain

ミステリーの代名詞といえばこれ「ミステリーサークル」

イギリスを中心に世界中で発見された、穀物畑に突如出現する絵だ

当初は宇宙人やUFOの仕業だと思われていた

しかし、制作者が告発した事により人為的な物と認識された

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20190412222209p:plain

制作者を「サークルメーカー」と呼ぶようだ 

技術の向上により複雑な物が増えている

 

 

 

バミューダトライアングル

f:id:hoso-11-bishamonten:20190412223713p:plain

バミューダトライアングルフロリダ半島の先端とプエルトリコバミューダ諸島を結んだ三角形の海域

昔から方位磁石が狂ったりして遭難する

船や飛行機、あるいは乗組員のみ消えてしまうと言う伝説がある

100以上の船や飛行機、1000人以上の人が消息を絶ったとされる

しかし、実際には離れた場所で遭難しているにも関わらずバミューダトライアングルでいなくなったとしているケースも多いようだ


最近では海域で起きている巨大な波が原因ではないかと説がある

 

 

 

アポカリプティックサウンド

youtu.be

何かの音なのは間違いないです

しかし、それが何の音なのかいまだに解明されていません

動画2番目ウクライナ以降の音が思い金属音のような音で空から響いてくる

この現象、世界中で確認されていて我々の住む日本でも動画の投稿がありました

 

名前の由来は聖書の「ヨハネの黙示録」からきている

ギリシャ語で「黙示録」を「アポカリプス」

新約聖書』の「ヨハネの黙示録」に登場する、7人の天使が終末を告げるラッパを鳴らす事からこの音を「アポカリプティックサウンド」と呼ぶようになった

「終末の音」とも呼ぶようだ

たしかに、聞き方によってはラッパ音に聞こえる

 

 

 

フィラデルフィア計画

f:id:hoso-11-bishamonten:20190413100917p:plain

1943年、時は第二次世界大戦真っ只中、駆逐艦「エルドリッジ」を使い大規模な実験が行われた

実験は「磁場発生装置テスラコイル」を使い高周波により艦をレーダーに映らなくすると言う内容だ

わかり易く言うと「アメリカ海軍のステルス実験」

 

以下はWikipediaより

テスラコイルの高周波によってレーダー波を無効化する為の装置としてエルドリッジの船内には多くの電気実験機器が搭載されており、そのスイッチを入れると強力な磁場が発生し、駆逐艦がレーダーから認められなくなった(その時にレーダー波がエルドリッジへ向けて照射された事を意味する)。まさにその時、実験は成功したかのように見えたが、不可思議な現象が起こる。実験の開始と共に海面から緑色の光が湧き出し、次第にエルドリッジを覆っていったのである。次の瞬間、艦は浮き上がり発光体は幾重にも艦を包み、見る見る姿はぼやけて完全に目の前から消えてしまった。

「実験開始直後に、駆逐艦はレーダーから姿を消す」、ここまでは実験参加者達の予定通りであった。しかし直後にエルドリッジは「レーダーから」どころか物理的に姿を消してしまい、おまけに2,500km以上も離れたノーフォークにまで瞬間移動してしまっていたのである。それから数分後、またもや発光体に包まれ艦はもとの場所に瞬間移動した。

再び戻ってきたエルドリッジだが、驚くべきことに乗員は、次のような惨状に陥っていた。

  • 体が突然燃え上がった
  • 衣服だけが船体に焼き付けられた
  • 甲板に体が溶け込んだ
  • 発火した計器から火が移り、火だるまになった
  • 突然凍り付いた(冷凍化)
  • 半身だけ透明になった
  • 壁の中に吸い込まれた
  • 体が物体にのめり込んだ

 

また、生き残った乗組員も精神に異常をきたし、エルドリッジの内部は、まさに地獄絵図の如くであった。唯一、影響を受けなかったのは、鉄の隔壁に守られた機械室にいた、一部のエンジニアたちだけだった。

こうして実験自体は成功したが、「行方不明・死亡16人、発狂者6人」という、取り返しのつかない結果になった。このことに恐れおののいた海軍上層部は、この極秘実験を隠蔽したといわれている。

さらにこの事件を調べていたモーリス・ケッチャムは謎の自殺をしてしまう

 

真相は分からないままだ

 

 

ツングースカ大爆発

f:id:hoso-11-bishamonten:20190413121303p:plain

1908年、ロシア上空で起きた謎の大爆発

こちらに関しては、まさき・りおさんの記事をご覧ください

rio-masaki.hatenablog.com

rio-masaki.hatenablog.com

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

ミステリーサークルなんかは今の若い人達は知らないかもしれません

その他も嘘か本当かわかりませんが、ワクワクしますよね

 

ところで身近にありすぎて気にした事ないですが

皆さんが普段、飲んだり使ったりする「水」も不思議がいっぱい

例えば、

・水とお湯を凍らせるとお湯の方が早く凍る

・水は液体から気体へ変化するがこの蒸発するメカニズムがよくわかっていない

など、調べるとキリがない

この謎を解明してみてはどうでしょう

 

 

オーパーツ編↓

masuhoi.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村