ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎてジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

子供に誇れるオヤジになりたい

こんにちは

 

うずらハゲ葡萄🍇家です 

 

皆さんは、人に誇れる物を持っていますか?

「スイーツ作りが得意だ」

「英語が喋れる」

「年収一千万だ」

「サーフィンをやっている」など、

何か1つ持っているだけでその人への眼差しが随分変わります

 

わたしも何か1つでもそのような物が欲しくて

若い頃はギターを練習したりしました(すぐに挫折)

今もスノーボード少林寺拳法に通っていますが

元々の素質が悪いためどれもパッとしません

 

 

ここ数年、スキー人口が減少しています

しかし、さらに深刻なのが柔道、空手、少林寺拳法、その他諸々の

武道人口が激変しているようです

柔道の人口は世界的増えているかもしれません

 

わたしの通っている道場も10年前は

大人の部の練習で20〜30人来ていました

それが今では1〜5人、練習も週3回から週2回に減りました

 

子供はそこまで減ってはいませんが

最近ではパワハラなどの問題があり先生が教え方を悩んでしまう始末

武道までパワハラ言われたら何も教えれません

 

 

人が減った理由は色々あると思います

「お金の問題」「時間の問題」

最大の理由はこれではないでしょうか?

 

「痛い思いしてまでやる意味が、ない」

 

今の世の中、そんなことしなくても娯楽は沢山あります

単純に強くなりたければ総合格闘技、ボクシングやキックをやればいいですからね

 

うちの先生がよく言っていますが

「武道は人格を形成する場でもある」

そこがジムとは違うと言うことです

 

 とは言ってもお金はかかります

月々、年会費、道着などの備品、昇級昇段試験費用

最低でも年間7〜8万円でしょうかね

 

ちなみにキックボクシングのジムも隣の市にあったので金額を調べてみたら月々約1万円でした

某フルコンタクト系空手も最低、月1万円と聞きました

「これは続けられない」と思い、今の道場に入門したのです

 

月1万円を年間にしたら12万、中々の金額です

今はこういう事にお金をかける時代ではないのかもしれません

それなら子供に塾や習い事させた方が良いと考えるのでしょう

 

どうすれば増えるのか、途方に暮れている状態です

 

 

所で、パソコン内の写真を整理していたら、道場での乱取り(スパーリング)動画がありました

7〜8年前の映像なので画質は悪いです

youtu.be

 

撮影しているのが私なので戦っているのは別の人です

 

最初、左側にいるのがNさん、右側がMさん

結局Nさんがダウンしてしまいます

 

しかし、この二人の歳を聞いてください

 

Mさん、当時45歳

Nさん、当時58歳 

 

二人とも道着を着ていなければ

どこにでも居そうな普通のオジサン(←失礼)

 

普通のオジサンだと思っていた自分の父親がこのように急に戦い出したらどうです?

 

驚きます 

 

わたくしこの様な「ギャップ」が大好きなんですね

 

他にも、

「普段、ヌボッーとしているのにサッカーをやると別人なる」

「普段、チャラけている女子高生が英語ペラペラだった」

(両方、実際にいた)

 

このギャップに憧れます

 

「普段、うずらハゲなのに意外と動ける」←ここを目指す

 

いや、しかしこれで「誇れる親父」と言えるのかどうか…

 

 

 

ところで「ミスターやられ役」のわたしですが

練習中にこんな事を感じる事があります

(試合には出たことないッス)

 

石が飛んできた!

f:id:hoso-11-bishamonten:20190329085014p:plain

そこそこ大き目の石が顔面に当たった!

しかし、冷静に考えろ、そんな訳ない!

そもそも室内にいるぞ

 

 

 

実際には、突きをもらっていた

f:id:hoso-11-bishamonten:20190329085255p:plain


 

 

 

バットで殴られた!

f:id:hoso-11-bishamonten:20190329085700p:plain

かなり硬いもので殴られた!

バットでフルスイングされたに違いない!

いや、しかしそんなわけない!

冷静に考えろ、室内だぞ

 

 

 

実際には上段回し蹴りをもらっていた

f:id:hoso-11-bishamonten:20190329085915p:plain

 

 

 

最後に

このように綺麗にもらうと一瞬、意識が飛んでしまう

さらに、体格や体重差が大きいとコチラの突き蹴りが届かなかったり

突きや蹴りを放っても力が跳ね返ってきます

小柄で体重も軽いわたしにはそれが現実です

 

分かりやすいのが年末に行われた「那須川天心VSメイウェザー

ご覧になった方もいる方と思います

5階級制覇の元世界王者メイウェザーにほぼボクシングルールで挑みました

元々危険だと言われていた試合、やはり完全に公開処刑でした

体重差6キロ以上でしたが、それ以上の差を感じました

天心は、まるで「岩」と戦っていると思うくらいメイウェザーの完璧なガード

 

youtu.be

勝てると思ったのか、天心に色々な経験をさせたかったのか、天心を潰したかったのか、RIZIN側の意図の謎だけが残る試合でした

K−1ルールでも結果は同じだったかもしれません 

 

 

過去に、色々な人が道場にいました

柔道経験者はもちろん、極真、伝統派空手、ボクシング、柔術など

伝統派空手の足技の美しさに見惚れて

柔道、柔術経験者には倒され絞められると言うアルアル

 

 

やはりもっと他の特技を探すべきなのかな…

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村