ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

虫の話(寄生編)

昆虫図鑑で得た知識です

少し前にこんな記事がありました(ちょっとお借りします)

ogikubojin.hatenablog.com

 

シジミチョウは幼虫をアリに育てさせる

 

これだけでも面白いですが 

さらに面白いことが発覚したのでお伝えします

 

 

メバチ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181028142326j:plain

こちらのヒメバチは、なんと!シジミチョウの幼虫がいる

アリの巣を見つけ出す事ができるようです

 

アリは、ヒメバチを攻撃しようとしますがヒメバチの出すフェロモンで

アリ同士が喧嘩をします。混乱しているうちに、まんまとシジミチョウの

幼虫にたどり着き、幼虫の体の中に卵を産みます

しかし、シジミチョウの幼虫は一見何も変わりは無いので

サナギになるまでアリの巣に居座ります

 

サナギから孵った姿を見て「びっくり!」

メバチなんですね〜

サナギになるまで体内に潜み、サナギになったら食べ尽くして

殻の中で自らがサナギになるそうです

 

アリ、チョウ、ハチの夢のコラボレーション!!

 

それでは、もう一つ

 

次は閲覧注意!!

(と言っても子供が見る図鑑です)

 

 

 

 

 

ヒトヒフバエ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181028143252j:plain

少し大きめの、このハエ

 

こちらも卵を、ある虫に植え付けます

f:id:hoso-11-bishamonten:20181028143859j:plain

 上手いこと捕まえて植えていきます

この植えられてる虫が・・・

 

 

なんと、同じハエのエバ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181028144010j:plain

重そう・・・

 

 

 

そしてイエバエはこの爆弾を抱えたままウシの汗を舐めに飛んでいくのだ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181028144105j:plain

 

 

ヒトヒフバエの幼虫はウシの体温で卵からかえる

f:id:hoso-11-bishamonten:20181028144226j:plain

 そしてウシの皮膚に乗り・・・

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181028144402j:plain

 ウシの体内に侵入・・・

 

 

 

大きくなったらまた、皮膚を食い破って出てくるそうです

 

 

 

 

う〜ん、エグいな

 

 

名前にもありますが人の皮膚にも入るそうだ

 

みなさん、体がムズムズしたら

 

 

 

 

要注意!!