ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎてジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

水中の生き物

こんにちは

 

 

 

今回は図鑑で見た

薄っぺらい知識で

どーんと紹介していきます

 

 

 

 

 

 

 

閲覧注意!!閲覧注意!!

 

 

閲覧注意!!閲覧注意!!

 

虫になれた方も注意レベルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきますよー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミウシ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007120422j:plain

(こちらアオウミウシ

 

 

ウミウシの特徴と言えば

色鮮やか

水中のナメクジ

オスメスの区別がない 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007120957p:plain

ミヤコウミウシ

 

 

実際にカタツムリとウミウシの祖先は同じらしい

タツムリとナメクジも同じ仲間なので

水中のナメクジで間違いないでしょう

見た目が美しいので飼育される方も

いるようですが、種類によっては体内に毒を

蓄積させているようなので要注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニイソメ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007121252p:plain

大きなアゴが特徴のオニイソメ

普段、体を岩の割れめなどに隠して

獲物がきたら「ガブッ」

食らいつきます

 

 

そして恐ろしいのは体の長さ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007121610p:plain

1メートル以上成長するらしい

いったい足が何本あるんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツツガキ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007121803p:plain

一見植物?と思えるこの形

漢字で書くと

「筒牡蠣」

しかし牡蠣ではなく貝の仲間らしい

貝なだけあって

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007122011j:plain

根本に貝殻があるようです

サイズ感おかしいだろ!

 

 

体のほとんどが土の中に

入っていて上の部分だけ

花が咲いたように開いている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマトトックリウミグモ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007122343p:plain

蜘蛛嫌いな人にはタマランでしょう

わたしもコレを見た瞬間

「気持ち悪っ!!」 

と思いました

 

 

ヤマトと言うだけあって

日本の太平洋沿岸に生息している

 

 

 

一見お腹に見える赤丸の部分

f:id:hoso-11-bishamonten:20181007123551j:plain

 ここが実はと言って

人間で言うと口になります

 

トックリのような形なので

ヤマトトックリウミグモの

名前の由来になったそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

もはや訳がわからない生物ばかりですね

しかも日本の沿岸にいる

 

書いてる本人も気持ち悪いと思いました

 

まだまだ奇想天外な生物がいますので

ご要望があればパート2やります

 

お付き合いありがとうございました

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村