ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

富士山に異変か!?

どうもまっさんです。

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

私の仕事はドライバーです。

静岡県中西部を中心に走っています。

静岡県内を走っていて天気の良い日に見えるのが日本最高峰「富士山」です。

毎日とは、言いませんが視界に入る機会が多いです。

 

そんな「富士山」ですが、2020年の後半から奇妙な事が起こっています。 

ニュースにもなっているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。 

富士山に何が起きているのか!?

皆さんも、ご一緒にお考え下さい。

 

 

 

冬なのに雪がない 

富士山は日本一高い山です。

このため、山頂付近の気温も極寒です。

こちらをご覧ください⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210119173445j:plain

(参照ウェザーニュース)

富士山の年間平均気温は−6.2℃。

夏でも夜間早朝は0℃前後まで下がる事もあります。

1番寒いのが1月で、平均気温は−18.4℃。

このように富士山は年中雪の降る環境にある訳です。


続いて画像をご覧ください。

まずは夏の富士山⬇ 

f:id:hoso-11-bishamonten:20210119170604j:plain

この様に、夏は雪が、ほとんどありませんね。

 

続いて2019年10月頃撮影した富士山です⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210119170549j:plain

秋の時点で、山頂から4分の1程度、雪がかぶっています。 

富士山の雪と言えばこんなイメージです。

 

そして皆さんに見てもらいたいのがここからになります。

2020年12月の富士山がこちらです⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210119173617j:image

例年の12月に比べて明らかに雪が少ないです。

先程の2019年の10月の画像と比べると、雪の少なさがよく分かります。

さらに2021年1月の画像がこちら⬇

f:id:hoso-11-bishamonten:20210119170621j:plain

少し遠くて見づらいですが、2020年12月よりもさらに雪が減っている。

スジ状に少し残っている程度のです。

もはや夏の富士山です。

 

 

雪が少ない理由

2020〜2021年の冬は、日本海側の雪の日が多いですが、太平洋側は晴れの日が多いです。

静岡県では2020年8月からの少雨の影響により、清水地区の主要な水道水源である興津川と、静岡地区の主要な水道水源である安倍川の水位が低下し、取水量が減少しています。

つまり「水不足」なのです。

特に2020年11月頃から、例年の1割程度の降水量しかないようです。

「雨が降れば標高の高い富士山は雪となる」

このような見解です。

 

しかし、いくら晴れの日が多いからと言って平均気温が−18.4℃の1月に雪が溶けて無くなる事がありえるのでしょうか?

そんな疑問を持つ人達が出てきます。

 

さらに2020年12月にこんな事が報告されています。

・伊豆諸島で、地震が相次いでいる。18日には震度5弱を観測した。

・15日、富士山から直線距離で約40キロの浅瀬で、深海魚「リュウグウノツカイ」が発見された。

 

この事から、ある憶測が飛び交います。

「富士山の地表温度が高いのでは?」

「噴火の予兆だ!」

 

ある専門家はこんな事も言っています。

1707年に起きた宝永大噴火以来、富士山は地下に大量のマグマを溜め続けています。いつ噴火してもおかしくない状況です。」

 

 

富士山は活火山

富士山は有史以降記録に残っている限り、781年(奈良時代)以後17回も噴火しています。

最後の噴火は1707年(江戸時代)の宝永大噴火と言われており、その後は約300年間沈黙を守っています。

地球の歴史の中の300年は、人間にとって2、3時間でしょう。

ついさっきの出来事なのです。

その富士山、活火山なのは間違いないので、噴火する日が必ず訪れます。

それが今回の異変と結び付くのかは分かりません。

もしくは別の天変地異の予兆か?

 

皆さんは、どう思われたでしょうか?