ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

危機一髪!これが私の生きる道。

日本の映画で「感染列島」をご存知ですか?

2009年1月17日に公開された日本映画です

作中ではフィリピンで発生した「新型インフルエンザ」と思われる物が日本で流行してしまいます

インフルエンザの治療を進めていくも患者は急変し、亡くなっていきます

一体、このウイルスは何なのか!?

 

この映画まさに今、コロナウイルスが引き起こしている事が描かれています

映画なので、多少は非現実的な事もありますが、STAYHOMEの現在、暇つぶしに視聴してみてはいかがでしょう?

 

 

 

ところで、わたしは、年末に工場を辞め、現在4tトラックの運ちゃんです 

www.masu-hoi.com

水素や混合ガス、液体酸素やアンモニアなど、様々な高圧ガスを配送しています

アンモニアや液体酸素は、液体ですが「ガス」扱いです

何故か、詳しくは分かりませんが、その話は置いといて、

資格を取得し、一人立ち、順調に過ぎていく…

 

はずでした

 

 

新型コロナウイルス見参

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20200503231721j:plain

私が転職した当初、すでに新型コロナウイルスは確認されていました

しかし、この時点では誰もが「よその国の話」だと感じ、2020年2月頃から、日本国内でもウイルスの影響が出始めます

しかし、それでも大半の人がメディアの報道が「大袈裟だ」と言います

2020年3月29日にコメディアンの「志村けん」がコロナウイルスで亡くなり、ようやく「これは普通ではない」と感じる人も多かったのではないでしょうか

その後、4月7日に「緊急事態宣言」が発令され、現在に至ります

そんな中、休業している所もあれば、生物の研究所、化学工業、製薬会社など、逆に忙しくなったと思われる企業もあります

自分達が思っている以上に「ガス」と言う物は、無くてはならない存在なのです

そんなガスを配送する日々を過ごしていました

 

 

 

冷や汗の出る出来事が…

運送会社と言うのは、ただ荷物を運んでいる訳ではありません

荷物の持ち主(荷主)さんと、荷物を注文したお客さんがいて、それを配送するのが仕事です

例えばタンクローリーに「ENEOS」と書いてあっても、運んでいるのは「ENEOS」ではなく委託された運送会社なのです

宅急便さんが荷物を自宅に届けてくれる様に、わたしはガスを企業さんへ届けています

 

そんなある日、ある企業さんへ納品へ行った際、人気(ひとけ)がなく、閑散としていました

「休みなのかな?」

「でも、休みなら注文しないよね?」

と、一人で少し疑問に思いながら納品をしました

しかし、宅急便と同じで受け取りのサインを貰わなければなりません

事務所へ向かうと、事務所には人がいて、受け取りのサインを貰う事ができました

 

会社に戻り、この事を上司と同僚へ伝え帰宅しました

2時間後に上司から電話があり、予想外の事実が告げられました

 

「〇〇〇社でコロナウイルス感染者が出たって!」

 

その日、納品に行って閑散としていた会社でコロナ感染者が見つかったのです

 

「マジか…」

 

だから人がいなかったのです

何だか急に体調が悪くなってきた

 

「とりあえず、明日は普通に出勤してきなよ」

 

と言う事でしたが、すぐに折り返し電話が掛かってきた

 

「悪いけど、荷主さんから数日出勤させない様に言われた」「事実関係の確認取れるまで自宅待機して」

 

そんな状況なら「立入禁止」にしといてくれよ

何も聞いてないし、書いてもない

 

 

恐怖に襲われる

次の日、先日言われた様に自宅待機していた所、上司から連絡がきた

事実確認ができたようだ

私が納品に行った時点で、社内の消毒が終わっていて、事務所でサインをくれた方も濃厚接触者ではないと、言う事でした

 

上司に、この話を聞くまで2つの恐怖に襲われました

まず一つ目が「感染の恐怖」

万が一、感染したら、、隔離されて、家族に会えなくなる

そんな事を考えながら就寝したら、ベットから落ちました

 

そして二つ目が「疎外される恐怖」

何も悪い事していないのに、急に社会から仲間外れにされたようだった

悪く言えば、ウイルス扱いです

そんな事を考えながら家の階段を降りたら、階段から落ちました

動揺しまくりです

今回は事なきを得ましたが、これからもこのリスクが付きまといます

さらに私の会社の東京の営業所は、コロナウイルスの患者さんの為に、酸素ボンベを運んでいるそうです

毎日が感染の恐怖だと思います

何よりも医療従事者の方々が1番恐怖を感じていると思います

 

 

感染者の差別も問題になっていますね

自宅に石を投げられたとか聞きます

早めに対策をしないと悲惨な事が起きるかもしれません

 

 

 

これが私の生きる道

もしも誰かが 不安だったら 助けてあげられなくはない

うまく行っても だめになっても それがあなたの生きる道

もえている私達は いい感じ

生きている あかしだね 世の中が少し見えたね

もぎたての果実の いいところ

そう言う事にしておきな 角度かえれば またいい感じ

少しくらいは 不安だってば これが私の生きる道

近頃私達は いい感じ

悪いわね ありがとね これからも よろしくね

それでは さよなら 

 

 

「よし、この歌を完成させ、デュエットでデビューさせよう」

 

これが後のPUFFYとなる