ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

食生活と体重は関係あるのか?

今回のお話は全くためにはならないし、個人的な話です。

わたしは、揚げ物や麺が好きです。

しかし、家で奥さんによく言われるのが、

「炭水化物を食べても意味ない!栄養のバランスを考えて!」

結婚するまでは、毎日の様に「揚げ物」「麺」を食べていました。

良いのか悪いのか、現在は野菜中心です。

所が、過去を振り返ると、最高体重を記録したのが2020年でした。

 f:id:hoso-11-bishamonten:20191214185503p:plain

意外にも、つい最近で野菜中心の時なのです。

そこで、過去の食生活と体重体重の変移を調べて見る事にしました。 

 
 

こちらが簡単なグラフです。
f:id:hoso-11-bishamonten:20200823204452j:image

オッサンの体重なんて、正直どうでも良いでしょう。

わたしもそう思います。

が、暇なんです。

こちらのグラフを元に振り返っていきます。

 

 

 

10代

グラフには、ほとんど載っていませんが10代です。

10代後半は、とにかく食べても太らなかったため45Kg前後でした。

弟に「女のコじゃん!!」とバカにされた記憶があります。

ただ、食欲旺盛で車を買ってからは、友達と夜食を食べに行く事が増えた。

週に2〜3日は1日4食で、煙草は1日1箱程度。

20歳手前で48Kg程度まで増える。

 

 

20代

20代最初の頃は48Kg前後。

相変わらずの食生活で煙草も変わらず。

しかし、遊びに出ると2箱以上吸っていた。

 

当時の会社のパイセンが柔道家で、

「筋肉を付ける為にウェイトトレーニングをやるぞ!」

と、言われ 仕事が終わった後からパイセンがトレーナーで職場トレーニングが始まる。

同僚と4〜5人で数年間続けて、2〜3Kg太ったが、元々の体に肉が無いため、筋肉がつかない。

 

ウェイトトレーニングをやらなくなった25歳頃から体重が増えだす。

この頃から少林寺拳法の道場に通いだし、30歳になる前に煙草を辞めました。

 

 

30代

30代に入り、30歳で結婚。

その頃に体重は60Kgまで増えていました。

しかしこのタイミングで自動車部品メーカーへ転職し、生産課に配属され、交替勤務になります。

不規則な生活になりましたが、それでも食事は1日3〜4食。

結婚してからは、嫁の意向で、家で揚げ物や麺類食べる事が少なくなります。

これでは逆に揚げ物や麺類に執着してしまう。

 

それでも体重は激減し53Kg前後に。

夏は50Kgを切る事もありました。

食事はヘルシーなはずですが、30代後半から健康診断で再検査になる事が増えました。

さらに目眩に悩まされ、転職を決意します。

 

その結果、食事は変わらないはずが、3ヶ月で65Kgまで増えます。

転職後は、6時前に起床し、23時頃には就寝の規則正しい生活。

そして夜は毎日晩酌をするようになりました。

1日3〜4食は変わりません。

そこから何故か3ヶ月後に5Kg落ち、60Kgになり、現在に至ります。

 

 

 

最後に 

過去を振り返って見ると、食生活は変わらないまま、太ったり痩せたりしています。

服やズボンが、ピチピチになったり、ブカブカになったり大変です。

 

皆さん、1日4食は多いと思いますか?

日頃、燃焼しているカロリーも関係してくると思いますが、

食べる量と体重が関係しているのであれば、わたしは相当、燃費が悪いのでしょう。

きっちり3食では体重が落ちていくかもしれません。

 

そもそも食べる量が変わらないにも関わらず、体重が増減しているので、精神的な部分が大きいのか?

他には、お腹をくだす事も多いです。1週間下痢の事もあります。

ただ、胃カメラや内視鏡で、異常はありませんでした。

わたしに限っては、痩せる太るは食事に「関係ない」と言うのが結論でしょう。

 

 

 

ところで現代の人間は1日3食が当たり前です。

これが200年ほど前では2食が一般的でした。

トーマスエジソンの時代、自身が発明した「電気トースター」を売るために、1日3食を推奨したと言われています。

 

現代の食事は、栄養が充分取れますので、朝昼晩の3食では取り過ぎなのかもしれません。

つまり、必ずしも1日3食にする必要はないのです。

皆さんも初心に返り、1日2食にしてみてはいかがでしょう?

(4食のヤツが何言ってんだ)