ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

他人の呼び方を調べてみた。

長年生きていると疑問な事でも疑問に思わなくなります。

そこで先日、こんなお話を致しました。

www.masu-hoi.com

この記事を書いている内にさらなる疑問に襲われました。

 

皆さん、家族や友人、同僚を呼ぶ時はどの様に呼びますか?

もちろん、名前で呼ぶと思います。 

しかし、名前以外で呼ぶ事もあるはずです。

例えば英語で「You」です。

英語では「You」1択ですが、日本語になると沢山あります。


日本語には何故こんなに沢山、他人の呼び方があるのだろう?

f:id:hoso-11-bishamonten:20200831203841j:plain

少し調べてみました。
 

 

 

あなた

特定の人物を直接呼ぶ際に用いる人称名詞。また、指示語の一つで、彼方(かなた、あなた、「遠くに在るもの」の意)にある様。此方(こなた、「近くに有るもの」の意)の対義語です。

「あなた」の由来は、江戸時代に、夫と離れた場所で暮らす妻たちが、夫を「遠くの方」との意味で「あなた」と呼び始め、それが次第に夫を目の前にして呼ぶ際にも用い始めたとされる。

江戸時代中期にはこれが定着し、夫婦が互いに呼び合うとき夫は妻を「そもじ」、妻は夫を「あなた」と用いている。

 

ここでさらに疑問が生まれた。

「あなた」と「そもじ」の2つの言葉があって、何故「あなた」だけ残ったのだろうか? 

真相は闇の中。

(調べていないだけ)

 

 

きみ(君)

本来は、主君、君主の意。古代では「あのかた」の意味で、多く女性が男性を敬愛の意を込めて呼ぶのに用いられていた。それが次第に、男女に関係なく親愛の意を込めて用いられるようになった。

象形文字「尹」は王笏(權杖)を持った手の意であり、命令をするための口を加えた字が「君」の語源である。 君の称号 君とは東アジアの漢字文化圏、特に中国や朝鮮の王朝で見られた皇族・王族または功臣の称号のこと。

う〜ん、「君」って凄い言葉ではないか!

由来や語源を調べると気安く口にできない。

 

 

 

お前

同等もしくは目下の者をさして呼ぶ語。

語源と由来は、「前」に接頭語の「御(お)」が付いた語。 元々、お前は神仏や貴人の前を敬っていう語で、現在でも「みまえ(御前)」や「おんまえ(御前)」は、神仏の前をいう語として用いられ、尊敬語だった。

現代は主に男性が同輩に使ったり、男性や女性が目下の親族(息子、娘、孫、弟、妹など)に使う。

今はぞんざいな言い方と受け取られる場合がある。

 

前職場で、パワハラ上司に

「お前っ!」「お前なぁ」「お前はさぁ」

「お前だけだぞ」「お前のせいで」

など、様々な「お前」で呼んで頂きました。

尊敬されてたと思う事にしましょう。

 

 

 

貴様

貴様は男性が、親しい対等の者または目下の者に対して用いる。また、相手をののしる場合にも用いる。おまえ。「貴様とおれ」「貴様の顔なんか二度と見たくない」

「お前」よりも、もっと強く罵る時に使うイメージですね。

しかし、本来は目上の相手に対して、尊敬の気持ちを含めて用いた語。貴殿。あなたさま。

漢字で「貴」の相手方に関する語の上につけて、相手への敬意、また相手方に属するものであることを表す。

 「貴下・貴殿・貴兄・貴酬・貴電・貴意・貴地・貴国・貴社」

と、現在でもすべて敬意を払っているが「貴様」だけが、罵倒や叱咤する時に使われている。

 

 

 

まとめ

良く使われているであろう言葉を4つだけ調べてみました。

最初にも言いましたが、日本人は他人を呼ぶ時、細かく使い分けている。

これらを英語に直訳すると、全て「You」になります。

何故でしょう?

自分なりに考えてみました。

 

日本は各地に殿様がいて土地を納めていた。

その為、組織があり、上下関係が厳しく、 人によって呼び方を変える様になったのでは??

しかし、これは海外も同じですよね。

大陸から言葉が流入してきたと言うのもありそうです。

 

いずれにせよ、凡人が考えたところで答えは見つかりませんでした。