ブログ名、捨てました

興味ある事が多すぎて書きたいことが定まらないのでブログ名は捨てました

マイナンバーカードがあれば5000円分お得!

政府の思惑とは裏腹に全然、普及していなかったマイナンバーカード。

わたしはマイナンバーカードを持っていたので給付金をいち早く貰うことができました。

www.masu-hoi.com

この給付金をキッカケにカードを作った方も多いのでは?

他にもマイナンバーカードを使って、少しだけお得になる事があります。

 

 

 

マイナポイントで5000円分貰える

まず始めに、マイナポイントとは、個人番号カード(マイナンバーカード)や電子決済の普及を目的に総務省が実施する消費活性化政策、ポイントプログラムである。

今回、ある事をすると、マイナポイントで5000円分の電子マネーを貰う事が出来ます。

たかが5000円、されど5000円。

5000円もあれば数年遊んで暮らせます。

やらない理由はありません。

さっそく始めます。

 

今回の申請をするには、必要な物がいくつかあります。

・マイナンバーカード

・電子決済機能の付いている携帯電話

・電子決済

・マイナポイントアプリ

play.google.com

この4つを揃える事が5000円への第一歩です。

 

給付金をオンライン申請した方は、同じ様な作業なので出来る思います。

しかし、今回が初めての方は苦戦するかもしれません。

 

 

アプリを起動し手続きをする

まずアプリを起動させます。

利用規約にチェックを入れます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20200930214431j:plain

必要事項を入力していくと、マイナンバーカードを携帯電話で読み取りの画面になります。
やり方は、給付金編を見てください。

スマホのカバーが付いていると読み取りにくいです。

 

読み取れたら、電子マネー決済方法を選びます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20200930214046j:plain

「PeyPeyチャージ特典」はお金をチャージした時にポイントが貰える仕組みです。

最大2万円チャージで5000円プラスされるのです。

わたしはこれにしました。

WAONやLINE Payなど、比較的有名な電子決済ならば、利用可能です。

 

次は「決済サービスID」と「セキュリティコード」が必要になります。

こちらは、電子決済側で確認します。

確認の仕方はPeyPeyアプリを開いて下記の通り操作します。

f:id:hoso-11-bishamonten:20200930214442j:plain

これで、マイナンバーカードと電子決済が連動します。

ここまで、来ればゴールは近い。

 

PeyPeyのアプリを開き、 マイナポイントをタップ。

f:id:hoso-11-bishamonten:20201001214334j:plain

早まってチャージを押さない様に気を付けましょう。

「申し込み中」などと表示される時はしばらく待ちます。

これが終わるまでは、チャージしてもポイントが貰えません。

わたしは翌日まで「申し込み中」でした。

 

翌日、2万円チャージし、5000円ゲット出来ました。

f:id:hoso-11-bishamonten:20200930214453j:plain



最後に

今回のキャンペーンは1人5000円ですが、家族がいる方は2万、3万と金額も大きくなるので、貰える物は貰っておきましょう。

入ったポイントはすぐに使えます。

さあ、あなたもレッツトライ!

 

それにしても、税金は給料から当たり前に引かれて行くのに、貰う場合は何故こんなにも苦労しなければならないのだろうか。

国や都道府県も税収に苦労すれば、もう少しまともな税金の使い方をするのではないでしょうか?